メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

菅義偉首相の所信表明演説を聴いて~大きな期待と多少の不安

「2050年脱炭素」宣言には拍手。目指すべき社会の「自助・共助・公助」には違和感

田中秀征 元経企庁長官 福山大学客員教授

拡大臨時国会で所信表明演説を行う菅義偉首相=2020年10月26日、国会内、藤原伸雄撮影

 臨時国会が10月26日に召集され、菅義偉首相が初めて所信表明演説をした。28日には代表質問が行われ、菅政権にとっては初の国会論戦が始まる。

 私は何人かの首相の国会演説に関与したが、なかでも宮沢喜一首相と細川護熙首相の演説には深く関わった。この二人は演説の内容を自分で組み立てて書いた「特別の人」だった。特に所信表明演説は官僚任せにはしなかった。

首相の個性が出る所信表明演説

 周知の通り、首相の国会での演説には、「施政方針演説」と「所信表明演説」の二つがある。

 前者は予算案が上程される国会の冒頭で行われる演説だ。政府が提出した予算や政策の趣旨を説明するのが目的である。

 これに対し後者の「所信表明演説」は、首相が自らの決意を表明するとともに、政治理念や哲学を語り、目指したい将来への展望や指針を示すものである。だから、この演説には否応なく、首相の人間として、政治家としての個性が表出する。

 施政方針演説は、各省からあがってくる関係予算の趣旨を“短冊”のように書いて、それをつなげてつくっていく。いわば、所信表明で示された理念を「下地」として、そのうえに短冊が「柄」のように並べられるのである。それゆえ、ある程度、官僚主導の草稿になったとしても、やむを得ない面がある。

事務所にこもって文章を練った宮沢首相

 所信表明演説にはそうした縛りはない。その分、首相は自由に所信の「絵図」を描くことができる。宮沢首相はとりわけ所信表明演説の作成に全力を傾注していた。冷戦終結直後の政権(1991年発足)だから、“未踏への挑戦”という言葉を使うことに強くこだわった。

 休日、一人で個人事務所にこもり、演説草稿を練り上げる。私も事務所に呼ばれるのだが、宮沢首相はずっと隣室にいて出てこない。ある部分ができあがると私がいる部屋にきてそれを読み上げ、意見を求めるのである。

 私が意見を言い、それが採用されたとしても、あくまでも枝葉末節だったように思うが、演説に臨むその真剣な姿勢に深い敬意を感じ、“政治は言葉”と言われることに、あらためて納得した。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

田中秀征

田中秀征(たなか・しゅうせい) 元経企庁長官 福山大学客員教授

1940年生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒。83年衆院選で自民党から当選。93年6月、自民党を離党し新党さきがけを結成、代表代行に。細川護熙政権で首相特別補佐、橋本龍太郎内閣で経企庁長官などを歴任。著書に『平成史への証言 政治はなぜ劣化したのか』(朝日選書)https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20286、『自民党本流と保守本流――保守二党ふたたび』(講談社)、『保守再生の好機』(ロッキング・オン)ほか多数。

田中秀征の記事

もっと見る