メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

菅首相と枝野代表が国会で示した国家方針を比較する

私たちはどのような社会に生きたいのか、身近な人と議論することから始めよう

田中信一郎 千葉商科大学基盤教育機構准教授

 2020年10月26日に開会した第203回国会では、大きく異なる二つの国家方針が示された。第一の国家方針で、現実に実施される国家方針は、同日の菅義偉首相による所信表明演説である。第二の国家方針で、代替案としての国家方針は、28日の立憲民主党の枝野幸男代表による代表質問である。前者は、自由民主党・公明党を中心とする与党ブロックの国家方針であり、後者は、実質的に立憲民主党と日本共産党を中心とする野党ブロックの国家方針である。

二つの国家方針

拡大菅義偉首相(左)と枝野幸男・立憲民主党代表

 首相と野党第一党党首による演説のすべてが、国家方針を示すものとは限らない。例えば、通常国会の冒頭に行われる首相の施政方針演説は、予め示された国家方針に基づく、翌年度の政権運営方針である。野党党首による施政方針演説に対する代表質問も、それに合わせた視点でなされる。

 国家方針を示す演説となるのは、新たに選出された直後の首相による所信表明演説と、同様の野党第一党党首による代表質問である。前任の首相が同じ政党の所属であっても、後任の首相が前任内閣の閣僚であっても、議院内閣制では、国家方針における属人的な変化を許容しているため、新たな首相による新たな国家方針を示す必要があるからだ。同じく、野党党首においても、政党としての国家方針が変化する可能性を政治システムとして許容しているため、それを示すことが有権者への責任となる。

 奇しくもこの国会の直前、首相と野党第一党党首がほぼ同じくして選出され、与党ブロックと野党ブロックの国家方針が同時に示される機会となった。菅首相は、9月に新たな自民党総裁に選出され、首相に就任した。枝野代表も9月、立憲民主党と国民民主党等の合流によって結成された新・立憲民主党の代表に選出された。どちらも、就任後に初めて迎える国会となり、国家方針を示す機会となったのである。

 衆議院議員の任期は残り一年であり、与党ブロックと野党ブロックそれぞれの国家方針が国会で示されたことは、来たる総選挙に向けて、有権者のもっとも重要な判断材料となる。そこで本稿では、菅首相の所信表明演説と枝野代表の代表質問を基に、与党ブロックと野党ブロックの国家方針を抽出し、比較する。どちらが正しいかということよりも、有権者が与党ブロックと野党ブロックの国家方針の違いを理解し、自らの考えに近いブロックに投票することが大切である。

 なお、菅首相の所信表明演説の全文は首相官邸ホームページにて、枝野代表の代表質問の全文は立憲民主党ホームページにて公開されている。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

田中信一郎

田中信一郎(たなか・しんいちろう) 千葉商科大学基盤教育機構准教授

博士(政治学)。国会議員政策担当秘書、明治大学政治経済学部専任助手、横浜市地球温暖化対策事業本部政策調査役、内閣府行政刷新会議事務局上席政策調査員、内閣官房国家戦略室上席政策調査員、長野県企画振興部総合政策課・環境部環境エネルギー課企画幹、自然エネルギー財団特任研究員等を経て、現在に至る。著書に『政権交代が必要なのは、総理が嫌いだからじゃない』『信州はエネルギーシフトする』、共著に『国民のためのエネルギー原論』『再生可能エネルギー開発・運用にかかわる法規と実務ハンドブック』などがある。

田中信一郎の記事

もっと見る