メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

米大統領選の闇と中国民主化運動のヒーローの正体 怪物、郭文貴の謎 /下

魑魅魍魎の世界で続けられる綱渡りの行方

清義明 ルポライター

「裏切り者を殺せ」とビデオで呼びかけ

 長く中国で民主化運動を繰り広げている福音派の宣教師、ボブ・フー(傅希秋)が最初のターゲットだった。中国の人権問題の支援で政治難民を受け入れてきたこともある非政府組織の「チャイナエイド」の主催者である。

 郭文貴はバットを持ってGNEWSのビデオに登場し、フーが中国共産党のスパイで、人権を騙るニセの牧師だと言った。さらには人身誘拐の組織(蛇頭)にも関与しているという。

 「裏切り者を殺せ」と郭はビデオで呼びかけた。「まずはこいつらから

・・・ログインして読む
(残り:約3857文字/本文:約5084文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

清義明

清義明(せい・よしあき) ルポライター

1967年生まれ。株式会社オン・ザ・コーナー代表取締役CEO。著書『サッカーと愛国』(イースト・プレス)でミズノスポーツライター賞優秀賞、サッカー本大賞優秀作品受賞。

清義明の記事

もっと見る