メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「中曽根的保守」の絶滅を危惧する

現在とはまるで違った「保守」の実像

古谷経衡 文筆家

 2019年101歳で亡くなった中曽根康弘元総理の自民党合同葬が10月17日に執り行われた。葬儀をめぐって、税金の使い道や国立大学への「弔意の要請」など様々な批判があった。しかし改めて政治家としての中曽根を振り返るとき、総理大臣当時「軍国主義者」「タカ派」「(アメリカの)使い走り」と散々揶揄された保守の政治家中曽根康弘は、21世紀以降の小泉・安倍といった保守の政治家とは、根底から何もかも違うことがわかる。

 私は保守として、一定の批判を覚悟で、中曽根には現在では絶滅危惧種になった「中曽根的保守」の面影を見るのである。

中曽根康弘元首相の内閣・自民党合同葬で献花を終えた安倍晋三前首相(右から3人目)、森喜朗元首相(左端)、小泉純一郎元首相(左から2人目)=2020年10月17日、東京都港区、代表撮影拡大中曽根康弘元首相の内閣・自民党合同葬で献花を終えた安倍晋三前首相(右から3人目)、森喜朗元首相(左端)、小泉純一郎元首相(左から2人目)=2020年10月17日、東京都港区、代表撮影

敗戦体験がもたらした改憲への情念と現実

 1982年に誕生した中曽根政権は、自身が弱小派閥・中曽根派の領袖であったことから、常に田中・竹下系の派閥の顔色を伺いながら政権運営をしなければならないという宿命を負っていた。中曽根内閣は「田中曽根内閣」と揶揄されたように、発足当初は田中派の影響を強く受け、87年の退陣時には竹下登に禅譲している。

 こうした中で、中曽根内閣のほぼ全期間を官房長官と支えたのが田中派きってのハト派として知られる後藤田正晴であり、中曽根のタカ派的価値観に常に重石としてのしかかり、結局イラン・イラク戦争中の掃海艇派遣を断念するに至った。

 中曽根内閣当時、中曽根は冷戦という大局的要請もあり米レーガンに接近し、ロン・ヤス関係を築いたことは既知のとおりである。だがそれは、今日的な意味でのシンゾー・ドナルド関係とは全く別物の対米連携であった。

海軍主計中尉時代の中曽根康弘氏拡大海軍主計中尉時代の中曽根康弘氏
 中曽根は海軍主計将校として蘭印攻略戦に従軍し、ダバオやボルネオ沖で英蘭軍からの砲撃を徴用船「台東丸」に乗船中に受け、同僚等に多数の戦死者を出した。中曽根の原点にはこの従軍経験がある。

 「アメリカに負けて悔しい」という想いから戦後衆議院議員となった中曽根は、1956年に自身の作詞で『憲法改正の歌』を作り、明本京静が作曲を担当した。そこには1番に、

 「嗚呼戦に打ち破れ 敵の軍隊進駐す 平和民主の名の下に 占領憲法強制し 祖国の解体を計りたり 時は終戦六ヶ月」

 とある。この歌は2番以降も続くが、そこには日本国憲法を「マッカーサーの押しつけ憲法」と規定(押しつけ憲法論)し、これを唾棄するという強烈な憲法改正への訴えが読み取れる。戦争でアメリカに敗れただけに、中曽根の憲法改正への意欲は戦後生まれの安倍晋三氏よりも想いの籠った凄まじい情念と言うべき気迫が感じられる。また中曽根は、議員時代に「アメリカは日本を無差別爆撃して国民は非常に被害を受けたのだからこれの賠償を求めるべきだ」という趣旨の発言も行っている。

 ただし中曽根は、自らの内閣で「憲法改正の日程は俎上に乗せない」と明言し、自ら憲法改正の国民的議論を封じた。これにはすでに述べた通り、田中・竹下派系という保守本流と、保守傍流(非主流)である自派の中曽根派の党内的力関係があり、そもそも参議院で改憲発議に不可欠な改憲勢力の2/3確保の困難さがあったが、自らが金科玉条のごとく志向した憲法改正を遮二無二政治的イシューにしなかったことは、中曽根の特色である。

1956年4月、東京宝塚劇場で開かれた「憲法改正の歌」の発表会。「民族独立の歌」とともに中曽根康弘自民党代議士が作詞した拡大1956年4月、東京宝塚劇場で開かれた「憲法改正の歌」の発表会。「民族独立の歌」とともに中曽根康弘自民党代議士が作詞した

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

古谷経衡

古谷経衡(ふるや・つねひら) 文筆家

 1982年北海道生まれ。立命館大文学部卒。日本ペンクラブ正会員、NPO法人江東映像文化振興事業団理事長。主な著書に『愛国商売』(小学館)、『日本型リア充の研究』(自由国民社)、『愛国奴』(駒草出版)、『女政治家の通信簿』(小学館)、『日本を蝕む極論の正体』(新潮社)、『道徳自警団がニッポンを滅ぼす』(イーストプレス)、『意識高い系の研究』(文藝春秋)など多数。【Twitter】‎@aniotahosyu【公式サイト】http://furuyatsunehira.com/

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

古谷経衡の記事

もっと見る