メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「電子ごみ」(E-waste)に気をつけて

日本企業の問題意識の低さに懸念

塩原俊彦 高知大学准教授

 2020年10月13日、アップルはスマートフォン「iPhone」の新機種を4種類発売すると発表した。同時に、このiPhone12には、もはや有線のイヤフォンや電源アダプターが含まれていないことも明らかにした。充電用の電源アダプターや有線イヤフォン「EarPods」が梱包されなくなった代わりに、利用者はこれらを別途購入しなければならなくなったことになる。

 ただ、アップルの環境・社会・政策を担当するリサ・ジャクソンは、廃棄物を削減するために箱からこれらの製品を削除すると、環境のために良いと説明している(「アップルのiPhone12はEarPodsとアダプターをオプション提供する」)。

auアダプターのひどさ

 この事実を知って、筆者はある個人的な体験を思い浮かべた。自分の使っているauのスマートフォン向けアダプターが2個つづけていずれも2年ほどで故障したという経験だ。台湾企業が製造し、KDDIと沖縄セルラー電話が販売元となっている「純正品」だが、充電不能に陥ってしまったのだ。こんな短期間で故障するアダプターを過去に利用した経験はない。「不良品」を「純正」なる製品として高く売りつけられていたと理解している。3個目のアダプターは家電量販店で買った。純正品との価格差は約1000円になる。

 アップルの場合、すでに世界には20億個以上のアップル製の電源アダプターがあることから、新しいアダプターをつけずに販売し、環境負荷を軽減したという。ジャクソンの説明では、「iPhone12向けに実現した変更のおかげで、年200万トン(2Mt)以上の二酸化炭素が削減され、それは毎年路上から45万台のクルマがなくなるのと同じ計算になる」。

「電子ごみ」の現状

 ここで、アダプター、バッテリー、電化製品、電話、モニター、ケーブルなど電気電子機器(EEE)の廃棄物である「電子ごみ」(E-waste)について考えてみよう。

 国際電気通信連合(ITU)、国連大学と国際連合訓練調査研究所による「持続可能サイクルプログラム」、および国際固形廃棄物協会の共同取り組みであるGlobal E-waste Monitor 2020によると、図に示したように、2019年には、世界で53.6Mtの驚くべき電子ごみが発生し、一人当たり平均7.3kgが発生した。アジアの電子ごみは24.9Mt、アメリカが13.1Mt、ヨーロッパが12Mtで、アフリカは2.9Mt、オセアニアは0.7Mtだった。一人当たりの電子ごみでみると、ヨーロッパが16.2kgともっとも多く、ついでオセアニアの16.1kg、アメリカの13.3kg、アジアの5.6kg、アフリカの2.5kgとなっている。世界の電子ごみは2014年以降、9.2Mt増加し、2030年までに74.7Mtまで膨らむと予想されている。ほぼ16年間で倍増する計算になる。

拡大Forti V., Baldé C.P., Kuehr R., Bel G. (2020) The Global E-waste Monitor 2020より

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

塩原俊彦

塩原俊彦(しおばら・としひこ) 高知大学准教授

1956年生まれ。一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了。学術博士(北海道大学)。元朝日新聞モスクワ特派員。著書に、『ロシアの軍需産業』(岩波書店)、『「軍事大国」ロシアの虚実』(同)、『パイプラインの政治経済学』(法政大学出版局)、『ウクライナ・ゲート』(社会評論社)、『ウクライナ2.0』(同)、『官僚の世界史』(同)、『探求・インターネット社会』(丸善)、『ビジネス・エシックス』(講談社)、『民意と政治の断絶はなぜ起きた』(ポプラ社)、『なぜ官僚は腐敗するのか』(潮出版社)、The Anti-Corruption Polices(Maruzen Planet)など多数。

塩原俊彦の記事

もっと見る