メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

少数派支配国家バーレーンのコロナ対策アプリの危険性

[12]多数派シーア派政党を解党、政府と国民の間に広がる溝

川上泰徳 中東ジャーナリスト

 バーレーンは人口170万の小国である。王家はスンニ派だが、国民の過半数はシーア派で、多数派を政治から排除した少数派支配となっている。国民の行動規制を伴うコロナ対策にも、宗派対立が影を落としている。

 バーレーンのコロナ感染状況は、11月26日時点で確認陽性者が8万6185人、死者340人。死者は日本の人口規模なら約2万5000人とかなり多い。9月半ばには1日800人を超えた感染者は、秋になって急増している他の中東の国々と違って、11月には100人台へと減少している。

バーレーンの新型コロナウイルス感染状況(2020年11月26日時点) 出典:世界保健機関拡大バーレーンの新型コロナウイルス感染状況(2020年11月26日時点) 出典:世界保健機関

 感染を抑え込んでいる理由には積極的なPCR検査があげられる。英オクスフォード大学マーティン・スクールの情報サイトによると、バーレーンの11月23日時点での、これまでに実施されたPCR検査の総数は1000人あたり1159人と、すでに一人1回を超えていて、世界でも4位の多さである。ちなみに日本は1000人あたり29人と、世界で80位前後の少なさである。

 バーレーンのコロナ感染は、2月24日に帰国した女性が空港での検査で陽性が確認されたのを最初として、初期の陽性者のほとんどがイランから帰国したシーア派の国民だった。当時、イランにあるシーア派の聖地コムで感染が広がったが、バーレーンからも多くのシーア派の人々がイランを訪れていたからだ。

コロナウイルスについての緊急電話の番号を知らせるポスター=2020年6月、バーレーンの都市、リファー sumit Devlekar/Shutterstock.com拡大コロナウイルスについての緊急電話の番号を知らせるポスター=2020年6月、バーレーンの都市、リファー sumit Devlekar/Shutterstock.com

 バーレーンはクウェートと同じく、感染者の多数が外国人という状況は変わらない。国内で劣悪な住環境に密集して住む外国人労働者に感染が広がったが、徹底した検査実施とともに、他のアラブ諸国と同様、学校、商店やショッピングモールの閉鎖などの感染対策をとり、6月下旬には新規感染者数が下降に転じた。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

川上泰徳

川上泰徳(かわかみ・やすのり) 中東ジャーナリスト

長崎県生まれ。1981年、朝日新聞入社。学芸部を経て、エルサレム支局長、中東アフリカ総局長、編集委員、論説委員、機動特派員などを歴任。2014年秋、2度目の中東アフリカ総局長を終え、2015年1月に退職し、フリーのジャーナリストに。元Asahi中東マガジン編集人。2002年、中東報道でボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『シャティーラの記憶――パレスチナ難民キャンプの70年』(岩波書店)、『イラク零年――朝日新聞特派員の報告』(朝日新聞社)、『現地発 エジプト革命――中東民主化のゆくえ』(岩波ブックレット)、『イスラムを生きる人びと――伝統と「革命」のあいだで』(岩波書店)、『中東の現場を歩く――激動20年の取材のディテール』(合同出版)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない――グローバル・ジハードという幻想』(集英社新書)など。

川上泰徳の記事

もっと見る