メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

バッハIOC会長の来日でもなお不透明な東京オリパラの行方

行く先々で「2021年にオリンピックを開催する」と力強く発言する会長だったが……

鈴村裕輔 名城大学外国語学部准教授

拡大国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(左)とグータッチをする菅義偉首相=2020年11月16日午前11時17分、首相官邸、恵原弘太郎撮影

 11月中旬、東京オリンピックの開催延期が7月に決まって以来、初めて来日した国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は、菅義偉首相や小池百合子都知事と会談したほか、安倍晋三前首相にオリンピック・オーダーを授与、国立競技場も訪問するなど、4日間の日本滞在中、精力的に活動した。

 行く先々で「2021年にオリンピックを開催する」と力強く発言するバッハ会長ではあったものの、日本側がオリンピックの開催に改めて前向き姿勢を示したこと以外、具体的成果は乏しかったことも否めない。

 本稿では、バッハ会長は今回なにゆえ来日したのか、そもそもこの日本訪問にどのような意義があったのかについて考えてみたい。

 オリパラ開催に強気な姿勢を示したバッハ会長

 バッハ会長が来日の意向を示したのは、菅首相が就任した直後の今年9月26日に行われた電話会談の席上だった。この会談で両者は、東京オリンピック・パラリンピック(東京オリパラ)の実現に向けて緊密に連携することを確認しており、IOC会長の来日によって、日本国内に根強い来年開催への懐疑論を払拭し、大会組織委員会や東京都、日本政府の引き締めを図る狙いがあったと考えられる。

 日本での一連の会談を振り返ると、菅首相との会談では、バッハ会長が新型コロナウイルス感染症ワクチンが実用化された際には、出場選手や外国からの観客などのうち接種を希望する者の費用はIOCが全額負担すると明言。小池百合子都知事や森喜朗大会組織員会会長とは、選手の入国後の隔離免除や検査態勢などの対策について協議した。

 また、国立競技場の訪問に際しては、「すでに五輪のような雰囲気が醸し出されている。感動的な会場だ」と発言。晴海の選手村では「レインボーブリッジが見え、素晴らしい施設」と称賛している。

 こうした滞日中のバッハ会長の言動からは、2021年に予定通り東京オリパラを開催する強気な姿勢が示され、再度の延期や中止は念頭にないかのようであった。

拡大写真撮影に応じる国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(左)と小池百合子・東京都知事=2020年11月16日午後2時30分、都庁、瀬戸口翼撮影

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

鈴村裕輔

鈴村裕輔(すずむら・ゆうすけ) 名城大学外国語学部准教授

1976年、東京生まれ。名城大学外国語学部准教授、法政大学国際日本学研究所客員所員。法政大学大学院国際日本学インスティテュート政治学研究科政治学専攻博士課程修了・博士(学術)。専門は比較文化。主著に『メジャーリーガーが使いきれないほどの給料をもらえるのはなぜか?』(アスペクト 2008年)、『MLBが付けた日本人選手の値段』(講談社 2005年)がある。日刊ゲンダイで「メジャーリーグ通信」、大修館書店発行『体育科教育』で「スポーツの今を知るために」を連載中。野球文化學會会長、アメリカ野球愛好会副代表、アメリカ野球学会会員。

鈴村裕輔の記事

もっと見る