メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

菅義偉内閣の支持率が発足3カ月で急落した四つの要因

コロナ危機下で不可欠な内閣への世論の信頼回復は可能か

田中秀征 元経企庁長官 福山大学客員教授

 直近の各種メディアの世論調査で、菅義偉内閣の支持率が急落、不支持率が増加している。新型コロナ感染症が「第3波」の拡大局面にあるとき、政府に対する国民からの信頼が薄れていくことは、なによりも恐ろしいことだ。

 高支持率でスタートして3カ月。今、なぜ内閣支持率が急落したのか。まずは、その原因を突き止め、それを是正して内閣に対する信頼を取り戻すことが急務であろう。首相や政権からの指示や呼びかけに、多くの人が耳を貸さなくなるような事態は、どうしても避けなければならない。

拡大臨時国会が事実上閉会し、記者会見する菅義偉首相=2020年12月4日午後6時47分、首相官邸、代表撮影

10ポイント以上下がった内閣支持率

 共同通信社が12月5、6の両日に実施した世論調査によると、内閣支持率は前回11月調査から12.7ポイントも下がり50.3%となった。一方、不支持率は前回と比べて13.6ポイント増の32.8%に達した。

 やはり12月5、6の両日におこなわれたJNNの世論調査でも、傾向は同じだ。支持率は前回11月調査から11.5ポイント下落して55.3%に、不支持率は12.9ポイント増えて41.1%になっている。

 支持率や不支持率が前月と比べて10ポイントを超えて動くのは3年ぶり(当時は安倍晋三政権)というが、発足して間がない内閣でこれだけ急落するのは深刻な事態だ。

 世論調査の結果を参考にしながら、①新型コロナウイルスへの対応、②他の政策課題への対応、③“”身内の金銭スキャンダル、④メディアや国民に対する姿勢――の四つの観点から、菅内閣の支持率急落の要因について考えてみよう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

田中秀征

田中秀征(たなか・しゅうせい) 元経企庁長官 福山大学客員教授

1940年生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒。83年衆院選で自民党から当選。93年6月、自民党を離党し新党さきがけを結成、代表代行に。細川護熙政権で首相特別補佐、橋本龍太郎内閣で経企庁長官などを歴任。著書に『平成史への証言 政治はなぜ劣化したのか』(朝日選書)https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20286、『自民党本流と保守本流――保守二党ふたたび』(講談社)、『保守再生の好機』(ロッキング・オン)ほか多数。

田中秀征の記事

もっと見る