メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

国民にメッセージが届かなくなった政治

花田吉隆 元防衛大学校教授

拡大新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で発言する菅義偉首相=2020年12月14日、首相官邸、恵原弘太郎撮影

 リーダーが旗を掲げ、国民はそれに従いついていく。統治の基本形態だ。リーダーが発するメッセージこそが旗だ。国民にメッセージが届かないとは、国民に旗が見えないということだ。どこに旗があるのか、自分はどこに向かって進めばいいのか。国民は右往左往だ。

 欧米に比べ、日本は強制力のある罰則はいらないと言われた。国民はリーダーの下、一糸乱れぬ行動をとる。オーケストラの指揮者がコンタクト棒を一振りすれば、国民はそれに従っていく。マスクが必要となれば、法律などなくても国民のほとんどがマスクをする。それが日本だと言われた。したがって、国民にメッセージが届かないとすれば由々しきことと言わざるを得ない。

 11月、政府はこれからが「勝負の3週間」だとし、ここで踏ん張れるかどうかが今後を左右するとした。だから国民の協力を強く求めたいと訴えた。3週間が経ち、勝負の結果は誰の目にも明らかとなった。敗北だ。感染は一向に減らず、それどころか連日「過去最多」の見出しが躍る。政府は、勝負の3週間で国民の行動変容を期待した。現実には国民の行動は何ら変容しなかった。3週間が過ぎ去り、4週間目に入っても、国民が政府の危機感を共有し、その行動を変容させたようには見えない。連日、人出は減るどころか、場所によっては増えてさえいる。国民は政府のメッセージを無視しているかのようだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等を経て、早稲田大学非常勤講師。著書に「東ティモールの成功と国造りの課題」等。

花田吉隆の記事

もっと見る