メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

暗闘、駆け引き、失速、混迷……2020年日本政治の検証と21年の展望

新型コロナ、安倍政権退陣、菅新政権誕生、解散・総選挙……激動の政治の来し方行く末

星浩 政治ジャーナリスト

菅氏は二階氏に「よろしくお願いします」と頭を下げた

 安倍首相は連日のコロナ対策の心労もあって、持病の潰瘍性大腸炎の再発に悩まされていた。8月17日、慶応病院で検査と診察を受けた。7時間ほど滞在したが、そのうち6時間ほどはベッドで眠っていたという。疲労は極限に達していた。

 8月24日にも再び慶応病院で診察を受けた安倍氏は、首相を続けることは困難だと判断。28日には退陣を表明した。7年8カ月の長期政権が幕を閉じることになった。

 二階氏の動きは素早かった。翌29日、国会近くのホテルで森山国対委員長、林幹雄幹事長代理と総裁選の日程などを話し合った後、「菅さんの考えも聞いてみよう」と提案。マスコミに気づかれない場所を探すことになり、東京・赤坂の衆院議員宿舎内の会議室を予約した。夜8時過ぎ、二階、森山、林の3氏に菅氏が加わって、総裁選の方法や日程を詰めた。

 ひとしきり、話し合いが終わったところで、二階氏が切り出した。

 「こうなったら菅さん、あんたがやればいい」

 森山、林両氏の視線も集まる中、菅氏が突然、起立し、頭を下げた。

 「よろしくお願いします」

 初めて口にする出馬表明だった。

退陣表明から2日で流れができた

 二階氏は、二階派の幹部でもある林氏に命じた。

 「派閥の全員に菅さん支持の署名を書かせろ。書かない奴は即、除名だ」

・・・ログインして読む
(残り:約2099文字/本文:約4506文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

星浩

星浩(ほし・ひろし) 政治ジャーナリスト

1955年福島県生まれ。79年、東京大学卒、朝日新聞入社。85年から政治部。首相官邸、外務省、自民党などを担当。ワシントン特派員、政治部デスク、オピニオン編集長などを経て特別編集委員。 2004-06年、東京大学大学院特任教授。16年に朝日新聞を退社、TBS系「NEWS23」キャスターを務める。主な著書に『自民党と戦後』『テレビ政治』『官房長官 側近の政治学』など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

星浩の記事

もっと見る