メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

コロナ禍の中にも迫る米中「新冷戦」へ我が国の構えを

中山展宏 衆議院議員

経済安全保障を前提に

 令和に入った頃から「経済安全保障」という概念が議論され、その言葉が頻繁に使われるようになりました。

 経済は安全保障と密接な関係があり、安全保障への影響を考慮した経済活動が重要であることを踏まえ、国際社会では安全保障上の国益を追求する経済政策が採られています。日本では経済と安全保障を別次元として考える傾向があり、違和感を覚える方もいらっしゃるかもしれません。

 「あらゆるものが手段となり、あらゆるところに情報が伝わり、あらゆるところが戦場になりうる。すべての兵器と技術が組み合わされ、戦争と非戦争、軍事と非軍事という全く別の世界の間に横たわっていたすべての境界が打ち破られるのだ」

 これは1999年、中国人民解放軍国防大学の教授らが発表した「超限戦 21世紀の”新しい戦争”」の一節です。

 習近平国家主席の著書(2016年)には、「他人(先進国)が持っているものは私(中国)も持っており、他人が持っていても私に強みがあり、他人に強みがあっても私には優位性があるように努め、我が国の経済の全体的な資質と国際競争力を強化しなければならない」「経済発展と国防建設を統一的に計画し、軍民が深く融合する全要素・他分野・高効率の発展の枠組みを構築」「海洋、宇宙、サイバースペース、バイオ、新エネルギーなどの分野は強い軍民共用性を有する」「ネットワーク、極地、深海、宇宙空間などの新興分野の規則制定に対する参与を強化しなければならない」との言葉が並びます。

拡大北京の人民大会堂で開かれた歓迎式典で閲兵をする副大統領時代のバイデン氏と国家副主席時代の習近平氏=2011年8月18日

 中国の名目GDPは20年前、日本の1/3以下でしたが、今では3倍となり、2030年代の早い時期に米国と肩を並べ追い抜こうとする勢いです。この著しい経済成長の深層で、国家安全保障上の国益を実現する目論見について、私たちは危惧せざるを得ません。

 2013年、複数の経済回廊を擁する”一帯一路”経済圏構想は提唱され、道路、港湾、発電所・パイプライン、通信などのインフラ投資、製造、金融、貿易取引などの対外投資を進め、アジアインフラ投資銀行も設立されました。中国からの資金借入をもとに開発したスリランカ南部のハンバントタ港が”債務の罠”に陥り、租借されたことは記憶に新しいと思います。往古からランドパワー(内陸勢力)に拠る中国が、リムランド(沿岸地帯)を制し、本格的にシーパワー(海上勢力)へ繰り出し、地政学的国益の圏域を広げ常態化すると受け止められます。

 日常から海洋、宇宙までのフィジカル空間、そしてネットワークで繋がるサイバー空間において、人、資源、人工物やサービス、投資、情報(データ)など、さらには国際ルールや国際標準によるガバナンスを駆使し、安全保障環境を拡張、支配しようとする覇権的挑戦は顕在化しています。

 自由主義、民主主義、基本的人権、法の支配、市場経済の普遍的価値を希求する私たちは、日米同盟による安全保障を基軸とし、中国(共産党)の全体主義を背景にした国家資本主義の威力に対して、経済・外交政策を通じ、どのように向き合うのか。

 我が国は2016年「自由で開かれたインド太平洋」を掲げ、私たちの価値観を基調とするアジアからアフリカ地域までの連結性向上を提唱し、法の支配、航行の自由、自由貿易を体現しようとしています。その上で、経済規模で世界1位・2位の米国と中国による”新冷戦”が現実味を帯びる中、経済安全保障に係る我が国の政策の蓋然性を高めることが生命線であると考えます。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

中山展宏

中山展宏(なかやま・のりひろ) 衆議院議員

1968年兵庫県西宮市生まれ、早稲田大学大学院中退。証券会社社員、議員秘書を経て、2009年に神奈川9区(川崎市北部)から初出馬。2012年に初当選、衆議院議員3期(自由民主党・麻生派)。外務大臣政務官など歴任、現在は衆議院内閣委員会理事、自民党外交部会長代理、ルール形成戦略議員連盟事務局長ほか。

※プロフィールは、論座に執筆した当時のものです