メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「ドイツよ、お前もか」~メルケル後を迎える2021年、漂う不透明感

後継候補が16日に決定へ コロナによる延期経て構図変化

花田吉隆 元防衛大学校教授

拡大新型コロナウイルス問題についての記者会見に臨むメルケル独首相=2020年3月、ベルリン(Christos S/Shutterstock)

16年間の「メルケル時代」終幕、世界の今後を左右

 この秋、ドイツ連邦議会選挙が行われメルケル首相の引退が予定される。実に16年の長きにわたる治政だった。メルケル時代とも称される一時代を築き、数々の足跡を刻んできた。その引退はドイツ内政ばかりか、欧州政治の今後も左右する。

 与党のキリスト教民主同盟(CDU)は1月16日の党大会で次期党首を選出する運びであり、次期党首が次の首相になる可能性が高い。しかし、一体誰が新党首の座を射止めるか、これからドイツはどう変化していくのか、まだ一向に先が見えてこない。

2回延期の与党党首選がいよいよ実施

拡大キリスト教民主同盟の新党首に選ばれた直後のクランプ・カレンバウアー氏=2018年12月7日、ハンブルク
 党首選出のための党大会は、これまで2回コロナで延期された。今回、依然、コロナが猛威を振るう中、もうこれ以上延期するわけにもいかずオンラインによる開催となった。

 当面3候補の名が挙がる。いずれもここ2,3年馴染みの顔だ。

 一時、メルケル後継はクランプ・カレンバウアー氏に決まっていた。ところが、党首に就任した途端、能力不足を露呈した。失敗が重なり、とうとう後継の座を断念し、党首を辞任すると表明した。

 その結果、再び顔を現したのが以前の馴染みの面々だ。しかしこの3人、どうもパッとしない。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。