メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

トランプの「共和党支配」終焉の始まり

米連邦議会議事堂への襲撃事件をあおった代償

園田耕司 朝日新聞ワシントン特派員

 米大統領選で敗北したにもかかわらず、根拠なき「不正選挙」の主張を繰り返し選挙結果を覆そうと画策してきたトランプ米大統領。1月6日には首都ワシントンに集結した支持者たちをあおり、米連邦議会議事堂への襲撃事件が起きた。トランプ氏は米国史上初めて「2回の弾劾訴追を受けた大統領」になるのは確実な情勢だ。襲撃事件をきっかけに、トランプ氏から共和党議員は離反し、政権幹部らが続々と辞任。トランプ氏の1月20日の退任を待たずに、トランプ政権は事実上崩壊した。

拡大米首都ワシントンの連邦議会議事堂に集まったトランプ大統領の支持者たち=ワシントン、ランハム裕子撮影、2021年1月6日

占拠現場は「祝祭」的雰囲気

 1月6日早朝、私は地下鉄でホワイトハウス近くのオフィスへ向かった。普段は車を使って通勤するが、前日から首都ワシントン中心部は、大統領選の結果に不満をもつトランプ支持者の抗議集会に備えて厳しい車両規制がしかれており、地下鉄が中心部に入る唯一の交通手段だった。自宅近くの駅にも、地方から出てきたと思われるトランプ支持者が地下鉄パスの販売機の前に並ぶ姿がちらほら見られた。

 オフィスそばのメトロセンター駅で降り、エスカレーターで地上にあがると、大通りには車両が通らず、ほとんどの店舗やホテルが営業していないのに、大勢のトランプ支持者たちだけがたむろしているという異様な光景があった。

 支持者たちの多くは「MAGA」ハットと言われる赤い帽子など何らかのトランプ支持のグッズを身につけているため、容易に判別できる。彼らは面識のないほかの支持者たちとも「同志」的な親しみをもっておしゃべりを始め、抗議集会が始まる前から大通りで「あと4年! あと4年!」などと連呼し、大きな盛り上がりを見せていた。

拡大トランプ大統領の演説を見るため、ホワイトハウスの南側にあるナショナルモールに集まった支持者たち=ワシントン、ランハム裕子撮影、2021年1月6日

 私はオフィスで、前日に行われたジョージア州上院決選投票の結果を待ちながら、トランプ氏の抗議集会での演説をテレビ中継で見た。

 抗議集会はホワイトハウスに隣接する広場に設けられた特設会場で行われた。トランプ氏が防弾ガラスで囲まれた演壇に立ち、数千人の支持者を前に「我々は決してあきらめない。我々は決して負けを認めない」と強調すると、大歓声が上がった。

 もともとこの日の抗議集会はトランプ氏が呼びかけて行われたものだ。トランプ氏は昨年12月に「1月6日にワシントンで大規模なデモがある。来てくれ。荒れるだろう」とツイート。1月1日にも開催を告知していた。

 トランプ氏は大統領選の結果について「大規模な不正選挙が行われた」と根拠なく主張し、自身が敗北した激戦州で訴訟を乱発。相次いで敗訴すると、今度はジョージア州など各州の共和党関係者に選挙結果を覆すように圧力をかけ始めた。それが受け入れられないとわかると、1月6日に選挙結果を確定させる米連邦議会の上下両院合同会議で自分に忠実なペンス副大統領が進行役を務めることから、ペンス氏に選挙結果を覆すように圧力をかけ始めた。

 今回の抗議集会は、合同会議が行われる最後のチャンスにかけ、トランプ支持者を全米各地から首都ワシントンに動員し、示威行動を展開するという政治目的があった。

拡大トランプ大統領の演説を見るため、ホワイトハウスの南側にあるナショナルモールに集まった支持者たち=ワシントン、ランハム裕子撮影、2021年1月6日

 トランプ氏は、この日の集会でも1時間以上にわたって「不正選挙」を訴え、ペンス氏の名前を挙げると、「彼は正しいことをしてくれると思う。彼は絶対的な権限を持っている」と述べ、選挙結果を覆すように改めて要求した。さらに、「力強さを見せる必要がある」「より強く戦わなければいけない」とあおり、「ここにいる全員が連邦議会議事堂に行き、平和的に愛国的に、あなたたちの声を聞かせるために行進することを知っている」と呼びかけた。

 トランプ氏の演説が終わると、支持者たちは約2キロ離れた連邦議会議事堂に向けて行進を始めた。

拡大米首都ワシントンの連邦議会議事堂に集まったトランプ大統領の支持者たち=ワシントン、ランハム裕子撮影、2021年1月6日

 しばらくすると、テレビ中継では、議事堂周辺で警官隊とデモ隊が小競り合いを始める映像が流れ始め、催涙ガスと思われる白い煙も見えた。オフィスを出て、議会議事堂へと駆けつけた。

 議事堂の敷地内では、数千人のトランプ支持者たちが建物を占拠し、「TRUMP 2020」などと書かれた旗が無数に風にたなびいていた。不思議なことに、いつもは警備にあたっているはずの議会警察の姿は見えず、立ち入り禁止の区域にだれでも自由に入ることができた。

 議事堂正面には、1月20日に予定されているバイデン次期大統領の大統領就任式のために特設ステージが設けられている。その特設ステージの上には大勢の支持者たちが勝手によじのぼって座り、大歓声をあげていた。

 支持者たちの顔には興奮とともに、笑みがこぼれていた。携帯電話のカメラで仲間たちが占拠した建物を背景に自分の写真を撮ったり、お互いに写真を撮りあったりして楽しんでいた。現場では「不正選挙」を食い止めるため、実力行使をして革命を成就したといった祝祭的な雰囲気に包まれていた。

 しかし、支持者たちは建物内で略奪・破壊活動もしており、その行為は暴徒そのものだった。議事堂に対する襲撃は、米英戦争中の1814年に英軍が首都ワシントンを攻撃したとき以来という。

拡大トランプ大統領の支持者たちによって割られた、米連邦議会議事堂入り口の窓=ワシントン、ランハム裕子撮影、2021年1月8日

 トランプ氏もさすがに自分のあおった支持者たちが議事堂を襲撃したことにあせったとみられ、ツイッターで自宅に戻るように呼びかけたが、一部を除き、大半は敷地内にとどまり続けた。

 中山俊宏・慶応大教授(米政治外交)は今回の議事堂襲撃事件について、朝日新聞の取材に対し、「トランプ氏はこれまで、敵対感情をあおり続ける政治手法を原動力としてきたが、作り出したモンスターの制御が利かなくなった」と指摘した。この襲撃事件で、議事堂を警備していた警察官1人を含む5人が死亡した。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

園田耕司

園田耕司(そのだ・こうじ) 朝日新聞ワシントン特派員

1976年、宮崎県生まれ。2000年、早稲田大学第一文学部卒、朝日新聞入社。福井、長野総局、西部本社報道センターを経て、2007年、政治部。総理番、平河ク・大島理森国対委員長番、与党ク・輿石東参院会長番、防衛省、外務省を担当。2015年、ハーバード大学日米関係プログラム客員研究員。2016年、政治部国会キャップとして日本の新聞メディアとして初めて「ファクトチェック」を導入。2018年、アメリカ総局。共著に「安倍政権の裏の顔『攻防 集団的自衛権』ドキュメント」(講談社)、「この国を揺るがす男 安倍晋三とは何者か」(筑摩書房)。メールアドレスはsonoda-k1@asahi.com

園田耕司の記事

もっと見る