メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

トランプ氏アカウント凍結~民主主義は民主主義を否定するものに厳格であれ

Big Tech・ツイッター社による今回の対応は言論の自由の制限なのか?

米山隆一 前新潟県知事。弁護士・医学博士

 2020年11月の大統領選挙以来、選挙に不正があったという根拠のない主張を繰り返していたトランプ米大統領が2021年1月6日、ホワイトハウス前に集まった支持者に対して、「大統領選の結果に抗議するため議事堂まで行進しよう」と呼びかけ、暴徒化した群衆が上下両院で選挙人投票の結果を認定する手続きを行っていた連邦議会議事堂に侵入した事件を契機として、1月8日、トランプ氏が多用していたSNSである「ツイッター」を運営する米ツイッター社が、「暴力行為をさらに扇動する恐れがある」として、トランプ氏の個人アカウントを永久凍結したと発表しました。

 さらにツイッターの代替として多くのトランプ支持者が活用するソーシャルメディア・アプリ「Parler(パーラー)」について、グーグル社が8日、アップル社が9日、それぞれ自社のアプリ・ストアで凍結・削除したほか、アマゾン社がホスティング・サービスのサービス提供を停止するなど、アメリカ全土で、「トランプ氏とトランプ氏支持者のSNSからの締め出し」が広がっています。

拡大2021年1月8日午後(日本時間9日午前)に凍結されたトランプ米大統領のツイッターアカウント=ツイッターの画面から

ツイッター社の決定をめぐり様々な議論が

 これに対して、アメリカ国内において、賛成する意見とともに、Big Tech(巨大技術企業)が事実上、言論の自由を制限するとも考えられる状況に反対する議論がなされています(参照)。また、この4年間、トランプ氏と鋭く対立してきたドイツのメルケル首相が「トランプ氏のツイッターのアカウント凍結については、その方法について留保する。言論の自由の制限は、私企業ではなく立法者によってなされるべきだ」として、凍結それ自体についてではなく、その凍結方法について異議を唱える意見を表明しました(参照)。

 日本でも、ツイッター社の決定を支持する意見が多数みられる一方で(参照)、国際政治学者の三浦瑠麗氏が「トランプSNS永久追放は『トランプ的なもの』を深刻な形で強化する」という記事(参照)を寄稿するなど、主に「保守派」と見られる論者から「トランプ氏のツイッターのアカウントの締結それ自体が、言論の自由の制限であり許されない」とする主張がなされるなど、議論が盛り上がっています。そこで本稿では、この問題について論じたいと思います。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

米山隆一

米山隆一(よねやま・りゅういち) 前新潟県知事。弁護士・医学博士

1967年生まれ。東京大学医学部卒業。東京大学医学系研究科単位取得退学 (2003年医学博士)。独立行政法人放射線医学総合研究所勤務 、ハーバード大学附属マサチューセッツ総合病院研究員、 東京大学先端科学技術研究センター医療政策人材養成講座特任講師、最高裁判所司法修習生、医療法人社団太陽会理事長などを経て、2016年に新潟県知事選に当選。18年4月までつとめる。2012年から弁護士法人おおたか総合法律事務所代表弁護士。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

米山隆一の記事

もっと見る