メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

菅義偉政権はもつのか? 世論とズレる政策、自民党の劣化、カギを握る五輪

止まらぬ支持率の低下。与野党から政権維持を危ぶむ声。「4月危機」はあるか?……

星浩 政治ジャーナリスト

 菅義偉政権の混迷が続いている。新型コロナウイルスの感染拡大が続き、東京都など11都府県を対象に緊急事態宣言を出して飲食店の営業時間短縮などを進めているが、感染を抑え込めないでいる。

 そもそも、昨年12月の段階で特別措置法の改正などに取り組んでいればよかったのに、経済活動への配慮から後手に回った。菅首相が国民に届くメッセージを出せないという根本的な問題点も抱える。菅首相と国民の意識とのズレ、政府の政策と国民の要求とのズレが広がっている。

 内閣支持率の低下は止まらず、「菅政権はもつのか」という声が与野党から出始めてきた。政権の「4月危機」はあるのか。先行きを占ってみる。

長期政権に倦んだ国民に与えた「安心感」

 昨年9月に発足した菅政権は当初、6割を超える高い支持率を誇った。7年8カ月続いた前任の安倍晋三政権が、憲法改正など保守イデオロギーを掲げ、リベラル勢力への対決色を鮮明にしたのに対して、菅首相は携帯電話料金の引き下げに代表される「小政治の積み上げ」を打ち出した。長期政権に倦(う)んだ国民に「安心感」を与えたのは確かだろう。

 立憲民主党の幹部が「安倍氏には右派の危うさを感じたが、菅氏にはその危うさがない」と語っていたのが印象的だった。菅氏が秋田の農家出身のたたき上げで無派閥という点も好感を持たれた。

拡大記者の質問に答える菅義偉首相=2021年1月21日、首相官邸

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

星浩

星浩(ほし・ひろし) 政治ジャーナリスト

1955年福島県生まれ。79年、東京大学卒、朝日新聞入社。85年から政治部。首相官邸、外務省、自民党などを担当。ワシントン特派員、政治部デスク、オピニオン編集長などを経て特別編集委員。 2004-06年、東京大学大学院特任教授。16年に朝日新聞を退社、TBS系「NEWS23」キャスターを務める。主な著書に『自民党と戦後』『テレビ政治』『官房長官 側近の政治学』など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

星浩の記事

もっと見る