メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

菅義偉政権はもつのか? 世論とズレる政策、自民党の劣化、カギを握る五輪

止まらぬ支持率の低下。与野党から政権維持を危ぶむ声。「4月危機」はあるか?……

星浩 政治ジャーナリスト

菅首相が描く自民党総裁再選への展開

 では、菅政権は今後どうなるのか。

 菅首相が描いてきたのはこんな展開だろう。

 6月までの通常国会ではコロナ対策や安倍前首相の「桜を見る会」の政治資金問題などで野党の厳しい追及を受けるが、

・・・ログインして読む
(残り:約1424文字/本文:約3806文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

星浩

星浩(ほし・ひろし) 政治ジャーナリスト

1955年福島県生まれ。79年、東京大学卒、朝日新聞入社。85年から政治部。首相官邸、外務省、自民党などを担当。ワシントン特派員、政治部デスク、オピニオン編集長などを経て特別編集委員。 2004-06年、東京大学大学院特任教授。16年に朝日新聞を退社、TBS系「NEWS23」キャスターを務める。主な著書に『自民党と戦後』『テレビ政治』『官房長官 側近の政治学』など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

星浩の記事

もっと見る