メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

半藤一利さん・坂野潤治さんが語った二つのリーダー像と日本政治の窮状

相次いで逝った二人の泰斗が憂えたものは……

曽我豪 朝日新聞編集委員(政治担当)

 コロナ禍再燃を受けて緊急事態が再宣言された直後の1月12日、半藤一利さんが亡くなった。

 享年90の大往生とはいえ、菅義偉政権の危機対応不全が際立つ最中の訃報(ふほう)である。あの“半藤節”をもっと聞きたかったと思うのは、おそらく筆者だけではあるまい。

拡大半藤一利さん=2017年9月
拡大坂野潤治さん=2012年6月16日

「歴史探偵」半藤さん、在野の口吻を感じさせる坂野さん

 雑誌の黄金時代における文藝春秋社の伝説的な編集者であり、緻密(ちみつ)な資料分析で知られる在野の歴史研究家であり、洒脱(しゃだつ)な文章で唸(うな)らせる名エッセイストであった半藤さん。だが、一番ふさわしい呼び名は、やはり「歴史探偵」だと思う。

 二度映画化された名著『日本のいちばん長い日』(文藝春秋社)がその典型だが、戦前戦中の軍国主義をはじめ、日本の近現代史の暗部を探り続けたのも、ただ過去の権力の「犯人」を特定するだけでなく、現在と未来の権力が同じ愚行を繰り返さぬよう、つまりは「再犯」を防止したいがための、探偵としての地道な調査だったに違いない。

 奇(く)しくもわずか3ヶ月前に、歴史研究家の坂野潤治さんの訃報(10月14日死去、享年83)に接したばかりである。明治憲法体制の構築から政党政治の終焉(しゅうえん)まで、精力的な資料の発掘と挑戦的な仮説の提起を続けた坂野さんだが、その根底には一貫して、なぜ立憲的な明治憲法を有しながら、日本の近現代の民主主義が平和と格差是正を政治的果実として残せなかったのか、という強烈な問題意識があった。

 安倍晋三前政権に対する舌鋒鋭い批判はその延長線上にあり、その意味では、東大名誉教授という表の肩書きには似つかわしくない、在野の口吻(こうふん)を感じさせる人だった。

響き合う二人の講演

 そんな二人だから、どこかで対談してはいないか――。そんな予感に誘われて、ネットで検索したところ、不思議と響き合う講演集を見つけた。

 それは、二人が別々の時期に、学士会の会合で語った講演である(学士会のホームページのアーカイブスで引ける)。ともに東大文学部の出身とはいえ、旧帝大の大学の卒業生でつくる同窓会組織での講演とは少し予想外だったが、中身を読んで得心した。エリートに厳しく自省を迫る内容であり、しかもまるで役割分担をしたかのように、それぞれ権力者とその対抗者に対する警鐘となっていたからである。

 以下、時系列にそって、二人の講演を紹介しよう。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

曽我豪

曽我豪(そが・たけし) 朝日新聞編集委員(政治担当)

1962年生まれ。三重県出身。1985年、東大法卒、朝日新聞入社。熊本支局、西部本社社会部を経て89年政治部。総理番、平河ク・梶山幹事長番、野党ク・民社党担当、文部、建設・国土、労働省など担当。94年、週刊朝日。 オウム事件、阪神大震災、など。テリー伊藤氏の架空政治小説を担当(後に「永田町風雲録」として出版)。97年、政治部 金融国会で「政策新人類」を造語。2000年、月刊誌「論座」副編集長。01年 政治部 小泉政権誕生に遭遇。05年、政治部デスク。07年、編集局編集委員(政治担当)。11年、政治部長。14年、編集委員(政治担当)。15年 東大客員教授

曽我豪の記事

もっと見る