メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「三巨頭vs.防衛庁長官」事件発生! 仕事はすべて板挟み 

連載・失敗だらけの役人人生⑨ 元防衛事務次官・黒江哲郎

黒江哲郎 元防衛事務次官

2017年まで防衛省で「背広組」トップの事務次官を務めた黒江哲郎さんの回顧録です。防衛問題の論考サイト「市ケ谷台論壇」での連載からの転載で、担当する藤田直央・朝日新聞編集委員の寸評も末尾にあります。

拡大左から1998~99年の小渕首相、中曽根元首相、石原東京都知事=朝日新聞社

いかにうまく挟まるか

 「うまく板挟みになるんだ」「板挟みになりながら自分が泳ぐ余地を確保するのが大事なんだ」

 1981年(昭56年)4月1日の夜、初めての「社会人飲み」に誘ってくれた防衛庁の先輩上司が、六本木のとある居酒屋で杯を傾けながら語った言葉でした。同じ職場に配属された同期生とともに上司の教えに神妙に耳を傾けていたのですが、その日に役人としてのスタートを切つたばかりの私には何のことやらチンプンカンブンでまったく理解できませんでした。

 既に紹介した通り、私は入庁と同時に防衛局計画官室という課に配属されました。この課は、ごく大雑把に言えば、事業主体である陸海空の各幕僚監部と議論して合理性ある適切な防衛力整備計画の案を策定するとともに、財政当局との間でその案について調整を行い、関係各方面がみな納得する内容と金額の計画を策定することを任務としていました。

 「みんなが納得する」「みんなが受け入れる」と言うのは容易ですが、実現するのは簡単なことではありません。我々に「板挟み」を教えてくれたのは、当時計画官室の先任部員(ナンバー2=編集部注)を務めておられた経験豊富な先輩でした。

 防衛力整備は、各幕と大蔵省(当時)の双方にそれぞれ正当な動機と主張がある中で、双方ともに受け入れ可能な線で折り合いをつけねばならないという典型的な「板挟み」の仕事です。間に立つ人は、間違っても双方にいい顔をしてはなりません。各幕に対して「その要求は満額必ずとれる」と言い、大蔵省に対して「その金額の中でおさめられる」と言い続け、両者がともに過剰な期待を抱いた挙句、調整し切れずご破算になるというのが最悪の結果だからです。

拡大1984年度予算折衝で大蔵省側(左)から原案内示を受ける防衛庁側=1983年12月、東京・霞が関。朝日新聞社

 調整者は、双方に対してやや渋い顔をして「あなたの主張は理解するが完全勝利は無理ですよ。どこかで妥協が必要ですよ」と説得することで、板挟みになりながらも自分が泳げるスベースを作り出さなければなりません。そうやって作ったスペースの範囲内で、改めて双方に対していわゆる「落としどころ」の案を打診し、関係者の本音と許容可能な(あるいは不可能な)ぎりぎりのレッドラインを見極めながら、徐々に両者が納得できる線へ軟着陸を図っていくのです。

 最初はこうした仕事のやり方を理解出来ませんでしたが、防衛力整備部門での調整を幾度となく経験し、徐々に実感できるようになりました。さらに、役人人生の中では防衛力整備にとどまらず様々な場面で板挟みに遭うことになりました。それらの多くは例によって苦い失敗で、いかにうまく板に挟まるかというのが役人の大きな課題だと身をもって思い知らされることになりました。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

黒江哲郎

黒江哲郎(くろえ・てつろう) 元防衛事務次官

1958年山形県生まれ。東京大学法学部卒。81年防衛庁に文官の「背広組」として入り、省昇格後に運用企画局長や官房長、防衛政策局長など要職を歴任して2017年退官。現在は三井住友海上火災保険顧問

黒江哲郎の記事

もっと見る