メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

ドローンが映すミャンマー大規模デモ「ヤンゴン緊急リポート」第四弾、ついに銃弾に倒れた者も

「75歳の“母親”が国のために頑張っているのに黙っているわけにはいかない」

松下英樹 Tokio Investment Co., Ltd. 取締役

 日増しに拡大する国民の抗議活動。2月8日にはついにヤンゴン全域に夜間外出禁止令(午後8時から午前4時)及び公共の場での5人以上の集会禁止令が発表された。これはコロナ感染症対策の行動制限とは違う。命令に従わなければ撃つぞという警告である。それでも国民の怒りは収まらない。9日も全国で大規模な抗議活動が行われ、首都ネピドーではついに銃弾に倒れた者が出てしまった。9日午後10時現在、昨日までと一変して外は不気味な静けさに包まれている――ヤンゴン在住の日系投資会社役員、松下英樹さんの緊急レポート第四弾。ドローンが撮影したデモの動画は必見だ。
松下英樹(まつした・ひでき) ヤンゴン在住。2003年より日本とミャンマーを往復しながらビジネスコンサルタント、投資銀行設立等を手がけ、ミャンマーで現地ビジネスに最も精通した日本人の一人として知られている。著書に「新聞では書かない、ミャンマーに世界が押し寄せる30の理由」(講談社プラスアルファ新書)

 まずは私の友人がドローンで撮影した動画をご覧頂きたい。2月9日にヤンゴン市フレーダン交差点で数千人が抗議活動をした様子だ。

 ヤンゴン市内は緊迫度を増している。前回リポート以降の動きを報告する。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

松下英樹

松下英樹(まつした・ひでき) Tokio Investment Co., Ltd. 取締役

ヤンゴン在住歴18年目、2003年より日本とミャンマーを往復しながらビジネスコンサルタント、投資銀行設立等を手がけ、ミャンマーで現地ビジネスに最も精通した日本人として知られている。著書に「新聞では書かない、ミャンマーに世界が押し寄せる30の理由」(講談社プラスアルファ新書)

松下英樹の記事

もっと見る