メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

話題のクラブハウスを“国際政治学者”の私が使って見えてきたこと

音声SNSにこれまでのSNSにはないの可能性はあるのか?

加藤博章 関西学院大学国際学部兼任講師

聞いて、しゃべって、ルームを開いて……

 前置きが長くなりました。いよいよ本論です。

 さて、私がクラブハウスを始めた当初(1月28日)、クラブハウスで知り合った人以外はほとんどいませんでした。知っているのは、招待していただいた方と1人か2人……、う~ん、3人くらいですかね。

 使い方は他の記事で説明されているので割愛します。僕のクラブハウスにおける流れを振り返ると、初日(ただ聞いてみる)、2日目(とりあえずしゃべってみる)、3日目(自分でルームを開いてみる)でした。

 私が登録した1月下旬は、まだ登録者数が少なく、メディア系とか、意識高い系の方々が多いです。クラブハウスは招待制なので、なかなか知り合い以外の方には広めづらい。そのため、同じ思想信条、そこまで難しい話でなくても、同じような業種や価値観の方々で固まっています。

 クラブハウスはルームを開いて、そこに参加者が集まるのですが、ルーム自体も仲間で固まっている印象です。10人くらいがしゃべっているのを、100人くらいが聞くようなルームもあれば、インフルエンサーの方の話をただ聞くというルームもあります。

 規約で全部オフレコ、メモ取るのも禁止となっています。それもあって、ぶっちゃけトークを聞けます。そういう内輪話を聞いているのは楽しいのですが、なんとなく疎外感も感じます。

 ただ聞いていても、つまんないなあと思ったので、しゃべってみました。しかし、私が登録した1月下旬は、分野が分散しておらず、国際系、外交系のルームがほとんどありませんでした。そこで、最後は自分でルームを作ってみました。

 モデレーター、僕一人で作ってみたんですが、まあ人は来ません。正直退屈です。一人語りと言っても、限界があります。ただ呟いているのも変な人みたいなので、たまに黙ったりしながら、誰か来るのをひたすら待ちます。

 あまりにも人が来なくて、段々腹が立ってきたんで、意地でも誰か捕まえてやろうと、ルームのタイトルをキャッチ―なものに変えてみたり、説明文を付けたりと工夫をしてみたりしました。

まるで居酒屋の雑談のよう

 たまたま知り合いの方がふらっと立ち寄ってくれましたので、ようやくおしゃべりが出来ました。

 実はその知り合いの方というのも、ネット上で知り合った方なので、実質的には初のおしゃべりです。向こうは知らないけど、こちらは知ってるという間柄です。知り合いなのかというと、難しいところですが……。

 いったんおしゃべりが始まれば、入れ代わり立ち代わり誰かが入ってくるようになりました。入って来てくれた方は、最初の知り合い以外(含めて?)、全員初対面です。入ってくるのはルームにいる方の知り合いや、興味を持って入ってきた方です。とりあえず、誰かが入ってきたら、何の仕事か聞いてみて、そこから掘り下げ、みんなで何か質問、また新しい人が来て、を繰り返しました。まるで居酒屋の雑談ですね。

拡大クラブハウスのダウンロード画面(iPadからキャプチャー)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

加藤博章

加藤博章(かとう・ひろあき) 関西学院大学国際学部兼任講師

1983(昭和58)年東京都生まれ。専門は国際関係論、特に外交・安全保障、日本外交史。名古屋大学大学院環境学研究科社会環境学専攻環境法政論講座単位取得満期退学後博士号取得(法学博士)。防衛大学校総合安全保障研究科特別研究員、独立行政法人国立公文書館アジア歴史資料センター調査員、独立行政法人日本学術振興会特別研究員、ロンドン大学キングスカレッジ戦争研究学部客員研究員、東京福祉大学留学生教育センター特任講師、一般社団法人日本戦略研究フォーラム主任研究員、防衛大学校人文社会科学群人間文化学科兼任講師を経て、現在関西学院大学国際学部兼任講師。主要共編著書に『自衛隊海外派遣の起源』(勁草書房)、『あらためて学ぶ 日本と世界の現在地』(千倉書房)、『元国連事務次長 法眼健作回顧録』(吉田書店)、「非軍事手段による人的支援の模索と戦後日本外交――国際緊急援助隊を中心に」『戦後70年を越えて ドイツの選択・日本の関与』(一藝社)、主要論文に「自衛隊海外派遣と人的貢献策の模索―ペルシャ湾掃海艇派遣を中心に」(『戦略研究』)、「ナショナリズムと自衛隊―一九八七年・九一年の掃海艇派遣問題を中心に」(『国際政治』)。その他の業績については、https://researchmap.jp/hiroaki5871/を参照。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

加藤博章の記事

もっと見る