メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「官房」とは謝ることと見つけたり 頭を下げてギックリ腰は公務災害?

連載・失敗だらけの役人人生⑫ 元防衛事務次官・黒江哲郎が語る教訓

黒江哲郎 元防衛事務次官

拡大2017年7月、防衛事務次官を退官時に集まった職員に拍手で見送られ、深々と頭を下げる黒江氏=東京・市ケ谷の防衛省。朝日新聞社

2017年まで防衛省で「背広組」トップの事務次官を務めた黒江哲郎さんの回顧録です。防衛問題の論考サイト「市ケ谷台論壇」での連載からの転載で、担当する藤田直央・朝日新聞編集委員の寸評も末尾にあります。

行事運営は思わぬ鬼門

 中央官庁の官房は、企業の総務部と同様、人事や広報を含め組織全体を円滑に運営していくために必要な様々な仕事を担当しています。防衛省も例外ではありません。中でも官房文書課には、文書法令業務、国会対応業務、情報公開業務、陳情対応業務、行事関係業務などが集中しています。

 役人生活の半分近い16年間ほどを官房で過ごし、中でも文書課では係員、先任部員及び課長を経験しました。防衛省の官房業務は「うまくいって当たり前で誰からも褒められず、少しでも失敗や不具合があると各方面から厳しく叱られる」という割に合わない仕事です。

 ネガティヴな意味ではありません。天邪鬼な性格も手伝って、私はこういう仕事を決して嫌いではありません。むしろ大好きです。組織を支える「縁の下の力持ち」的な仕事は苦労が多いけれど、やりがいも大いにあるからです。

 とりわけ、行事の運営は、目立たないけれどもとても重要な仕事です。防衛省は、秋の自衛隊記念日を中心として様々な行事を開催しています。特に、陸海空の各自衛隊が毎年回り持ちで主催する観閲式、観艦式、航空観閲式はよく知られています。

拡大2018年の自衛隊観閲式で行進する戦車部隊=埼玉県朝霞市の陸自朝霞訓練場。藤田撮影

 官房文書課は、これらの行事において総理や防衛大臣、来賓の国会議員や民間招待者などのVIPヘの対応を担当します。当日までの間に開催部隊などとの間で綿密な調整を行い、細心の注意を払って準備をし、予行を経て本番に臨むのですが、それでも予期せぬトラブルが発生する場合があります。

 官房長時代に行われた観閲式では、朝霞駅で民間のVIP招待客に誤った交通手段を伝えてしまったためスムーズに入場できず、客が怒って式典に参加せずに帰ってしまったということがありました。役所側が招待したのに入場もできなかったというのでは申し開きの余地もなく、翌日すぐに文書課長とともに本人のもとへ飛んで行って平身低頭謝罪に努めました。

 また、各地に所在する自衛隊の駐屯地や基地ではそれぞれの開設記念日などに祝賀の式典や行事が開かれます。地元の人たちにたくさん参加してもらうために土日祝日に開催されることが多いのですが、休み明けは文書課の行事担当者にとって要注意です。休日に行われた行事の接遇などに不満を感じた国会議員らからクレームの電話がかかってくるからです。

 席次が低かった、挨拶の順序が遅かった、来賓として紹介されなかった等々クレームの内容は多様です。主催者側の配慮不足が原因の場合も多いので、そういう時にはしかるべきレベルから謝罪するとともに、次回以降の行事で改善を徹底しなければなりません。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

黒江哲郎

黒江哲郎(くろえ・てつろう) 元防衛事務次官

1958年山形県生まれ。東京大学法学部卒。81年防衛庁に文官の「背広組」として入り、省昇格後に運用企画局長や官房長、防衛政策局長など要職を歴任して2017年退官。現在は三井住友海上火災保険顧問

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

黒江哲郎の記事

もっと見る