メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

現代中国の「行幸」 習近平国家主席が2021年の地方視察に込めた意味

北京冬季五輪会場予定地、「遵義会議」が開かれた貴州をなぜ選んだのか……

冨名腰隆 朝日新聞記者 中国総局員

 天皇陛下の地方訪問時に使われる「行幸」は、古来より中国に存在する言葉である。前漢時代(紀元前206年~紀元8年)を記した歴史書「漢書」に、すでに行幸に関する記述がいくつもある。後漢の文人・蔡邕は、皇室の等級規定や祝日の解釈などを記した「独断」の中で、天子が地方へ行くことによって人々が食や身分の恩恵を受けるのだと、行幸の意義を説いた(幸者宜幸也。世俗謂幸為僥倖。車駕所至、民臣被其徳澤以僥倖、故曰幸也)。

地方視察の政治的機能

 当然ながら、古代の中国皇帝も日本の天皇も、物見遊山や単なる顔見せで地方を巡ったわけではない。そこには明確な目的があり、時には祭祀のため、時には自らが支配者であることを知らしめるために地方へ出向いた。為政者にとって、行幸が重要な政治機能の一つであったことは確かだ。

 現代中国では行幸の呼び方こそ消えたが、為政者による地方視察の伝統は脈々と受け継がれている。

 日本の26倍ある面積に56民族・14億人が暮らす中国で、政治リーダーが自ら地方へ赴く意味は小さくない。とりわけ習近平国家主席は、自身の政治キャリアの多くを地方で過ごしたこともあり、地方の安定を重視している。現共産党最高指導部の政治局常務委員メンバー7人は、学者出身の王滬寧氏を除いて全員が地方政府のトップを経験している。

 習氏は今年に入り、すでに2度の地方視察をこなしている。それぞれ特徴的な訪問であった。本稿では、その意味について論じたい。

拡大2021年2月3日、貴州省畢節市で春節を祝うイベントに参加する習近平国家主席=新華社

五輪会場予定地で「国のために栄光を」

 1月18、19両日に習氏が訪れたのは、2022年北京冬季五輪・パラリンピックの会場予定地だった。

 開催まであと1年。新型コロナウイルスの拡大で東京五輪の開催に不透明感が漂う中、北京五輪への影響を懸念する声も広がっていた。あえてトップが視察したのは、そうした内外の不安を払拭し、「何が何でも開催する」という強い意思を示すためだ。

 スケートやスキーの会場を確認した習氏は、「感染の封じ込めに対するリスクはまだ大きい。管理を最適化して安全を確保する必要がある」と関係者に指示し、選手に対しては「スポーツ強国の建設は、社会主義現代化国家への重要な目標だ。国のために栄光を勝ち取れ」と鼓舞した。

拡大2021年1月18日、北京市郊外のアルペンスキーセンターで、選手やコーチと語る習近平国家主席=新華社

 一部の競技は北京から約200㌔北西に位置する河北省張家口市で開かれる予定で、習氏は一昨年開通した高速鉄道に乗り、その会場も訪れた。4年前の同地への視察は専用機で移動しており、インフラ発展のアピールにも余念がない。

 視察の6日後、習氏は国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長に「準備は整った。必ず予定通り開催し、五輪の成功を確実なものにする」と伝えた。共産党関係者は「我々に延期や中止の選択はなくなった。国家主席が視察するというのは、そういう意味だ」と語る。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

冨名腰隆

冨名腰隆(ふなこし・たかし) 朝日新聞記者 中国総局員

1977年、大阪府生まれ。同志社大学法学部卒。2000年、朝日新聞入社。静岡、新潟総局を経て2005年に政治部。首相官邸、自民党、公明党、民主党、外務省などを担当。2016年に上海支局長、2018年より中国総局員。共著に「小泉純一郎、最後の闘い ただちに『原発ゼロ』へ!」(筑摩書房)

冨名腰隆の記事

もっと見る