メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

緊急事態宣言延長を意味あらしめるために~まずは聖火リレーの中止を

延長期限をめぐる政府の思惑を問う――今の外出自粛要請では不十分だ

登 誠一郎 元内閣外政審議室長

不可解な延長期限と期待持てぬ具体策

拡大首都圏4都県の緊急事態宣言の再延長を決定し、会見する菅義偉首相。右は政府の諮問委員会の尾身茂会長=2021年3月5日、首相官邸
 首都圏4都県の緊急事態宣言が2週間、再延長されたが、菅義偉首相の5日の記者会見を見ても、また政府の諮問委による7つの提言を読んでも、強いインパクトのある具体策は含まれておらず、このまま2週間延長しても、目に見える成果は期待できないと言えよう。また首相自身が、「春は卒業式、入学式、歓送迎会、お花見など人が集まる機会が多いので、大人数の会食は控えてほしい」と自粛を要請しているが、緊急事態宣言の新たな期限である3月21日は、正にこれらの行事が始まる直前であり、感染防止に最も重要と思われる直前のタイミングで宣言の期間を終了させることは全く不可解である。

 以上のことを踏まえ、本稿においては、政府による外出自粛要請に実効性を持たせるための方策を探求する。さらに、東京五輪の聖火リレーの開始が3月25日に予定されており、菅首相が8日の参院予算委員会で「希望のともしび」と表現して実施に強い意欲を示したばかりだが、これは21日の緊急事態宣言の期限以降の対応に影響を及ぼしかねないので、政府は速やかに、聖火リレーの中止を決断するよう訴えたい。

拡大岩手県庁前に設置された五輪聖火リレーのカウントボード=2020年9月29日、盛岡市
拡大聖火リレーの日程が迫り、迂回案内などの看板を設置する作業員=2021年3月1日、福島県南相馬市

当初の首相発言は誤った印象を広めた

 年初の1月7日にこの緊急事態宣言が最初に決定された時には、飲食店の営業時間短縮が最重要と考えられており、その効果は感染者数の減少として徐々に表れてきた。しかし2月下旬からはその数字に下げ止まり傾向が出ており、さらに感染経路としては、「飲食」より「経路不明」が増大している。

 このことは、飲食を伴わない外出一般が感染原因となっていることを示す。

 元をただせば、菅首相は1月7日の記者会見においては、「第1に飲食店の20時までの時間短縮、……(中略)……第3に20時以降不要不急の外出の自粛」と述べ、多くの国民に対して、20時以前の外出は何ら構わないとの印象を強く与えてしまった。その後、新型コロナ対策を担う西村康稔大臣が20時以前の不要不急の外出も控えてほしい旨を述べて軌道修正を図ったが、首相の最初の発言は多くのメディアでも見出しとして使用され、その影響は多大であったと言わざるを得ない。

 そして今でも昼間の不要不急の外出自粛を無視している人は少なくない。

拡大東京都の飲食店などへの営業時間の時短要請に合わせ、午後8時を過ぎると明かりが消える五輪マークのオブジェとレインボーブリッジ

「お願い」では効果なし。政府は強力に発信せよ

 ロックダウンの実施を可能とするための法的根拠を有しない日本政府として、外出の原則禁止の手段が取れないことは致し方ない。しかしながら既に1年にも及ぶ「不要不急の外出自粛のお願い」ではほとんど効果がないことも明らかである。

 これまでのところ、このお願いの主体は地方自治体になっていることが多い。しかしこれは感染防止にとって極めて重要な措置であり、すべての国民が協力すべきことであるので、政府が先頭に立って広報努力を行うべきであろう。

拡大菅義偉首相の記者会見で、記者を指名する司会役の小野日子内閣広報官=2021年3月5日、首相官邸
 現在までの外出自粛についての政府広報は、インターネットテレビの利用などに限定されているが、今後は、全国紙やテレビの地上波全国ネットで、政府広報として大々的に発信すべきであると考える。この財源は予備費や官房機密費を活用できるはずである。

 また新任の小野日子内閣広報官は広報のエキスパートと承知するので、現下の国民の最大関心事であるコロナ対策に関しても、新たな視点からリーダーシップを発揮されることを期待したい。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

登 誠一郎

登 誠一郎(のぼる・せいいちろう) 元内閣外政審議室長

兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、外務省入省(1965)、駐米公使(1990)、ロサンジェルス総領事(1994)、外務省中近東アフリカ局長(1996)、内閣外政審議室長(1998)、ジュネーブ軍縮大使(2000)、OECD大使(2002)を歴任後、2005年に退官。以後、インバウンド分野にて活動。日本政府観光局理事を経て、現在、日本コングレス・コンベンション・ビューロー副会長、安保政策研究会理事。外交問題および観光分野に関して、朝日新聞「私の視点」、毎日新聞「発言」その他複数のメディアに掲載された論評多数。

登 誠一郎の記事

もっと見る