メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

防衛省のメディア対応に課題 警戒心による不親切さと利害介在による不健全さ 

連載・失敗だらけの役人人生⑯ 元防衛事務次官・黒江哲郎が語る教訓

黒江哲郎 元防衛事務次官

拡大2017年、防衛省のロビーで報道陣に囲まれる事務次官当時の黒江氏=朝日新聞社

2017年まで防衛省で「背広組」トップの事務次官を務めた黒江哲郎さんの回顧録です。防衛問題の論考サイト「市ケ谷台論壇」での連載からの転載で、担当する藤田直央・朝日新聞編集委員の寸評も末尾にあります。

両極端のマスコミ対応

 自衛隊創設以来今日に至るまで、一貫してマスコミの厳しい批判にさらされてきた防衛省にとって、マスコミ関係者とどう付き合うかというのはずっと悩ましい課題でした。毎年々々防衛予算は細部に至るまで批判的に検証され、訓練中や活動中の事故はもとより、隊員の不祥事のみならず自衛官OBの不祥事に至るまで厳しく糾弾されてきました。

 このような環境の下、職員の間には、マスコミの理解を得るために積極的に政策などの説明に努めるよりも、批判の材料を与えないよう必要最小限の接触にとどめる、どうしても記者の質問を受けなければならない場合にも木で鼻を括るような対応に終始するというような傾向が根付き、それが現在も続いているように感じられます。しかし、このような対応では組織の意図や政策の内容が正しく伝わらず、かえって不正確な報道につながりかねません。

 一方で、消極的なマスコミ対応とは対照的に、防衛省に関係する様々な特ダネ報道がテレビや新聞を賑わせてきた歴史があります。構想段階の新規装備の導入プラン、日米間で調整中の施策の内容、最終決定されていない予算額の数字、あるいは未公表の不祥事情報など多種多様ですが、それらの中には明らかに内部の者によるリークと思われる例も数多くありました。リークについては、省内で問題視されてきただけでなく、その時々の政権中枢からも「こんなに秘密が漏れるようでは有事に敵と戦うことなど到底できない」と繰り返し厳しく叱責されてきました。

 過去には、記者会見の種類・回数が多過ぎるのが原因だから減らすべきだという指摘を受けたこともありました。防衛省では各省共通の大臣定例会見のほかに、報道官と四人の幕僚長(制服組で陸海空自衛隊トップの各幕僚長と、それを束ねる統合幕僚長=編集部注)がそれぞれ会見を行っています。確かに記者会見の機会は多いのですが、こうした場で突如秘密が明かされたりすることはないので、会見の数を絞ればリークが減るという訳ではありません。

拡大2021年、岸信夫防衛相の記者会見について紹介する防衛省のサイトより

 むしろ、リークの原因として以前から囁かれてきたのは、ルールに従わずに組織や政策への異論、上司や同僚への不満・恨みなどを吐露したり、仕事上の便宜を図ってもらう見返りとして情報を提供したりするマスコミとの不健全な関係の存在でした。リークする本人は自分がやったとは言わないし、マスコミ関係者は「取材源の秘匿」と称して特ダネの提供元は決して明かさないので、ここでは単なる噂としか記述しようがありません。しかしながら、リークが存在すること自体は事実です。

 素っ気ない木鼻の対応か、見返りを期待するような不健全な対応かという両極端のマスコミ対応が生まれてしまう背景には、報道機関との付き合い方について組織としての対処方針が明確でないという問題があるものと感じます。マスコミ対応の基本に関する「組織知」が確立されておらず、共有も継承もされていないため、職員は個々の判断によってマスコミに対応せざるを得ないのです。

 過度の警戒心による不親切な対応や利害の介在する不健全な関係を減らすためには、望ましいマスコミ対応の在り方を整理し、職員の間でしっかり共有する必要があります。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

黒江哲郎

黒江哲郎(くろえ・てつろう) 元防衛事務次官

1958年山形県生まれ。東京大学法学部卒。81年防衛庁に文官の「背広組」として入り、省昇格後に運用企画局長や官房長、防衛政策局長など要職を歴任して2017年退官。現在は三井住友海上火災保険顧問

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

黒江哲郎の記事

もっと見る