メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

熊谷俊人・新千葉県知事の100万票差の圧勝から立憲民主党が学ぶべきこと

敵を叩いて自己の正当化する「否定的命題」か、自己の政策で信を問う「肯定的命題」か

曽我豪 朝日新聞編集委員(政治担当)

 それにしても、100万票差には驚いた。

 3月21日に投開票された千葉県知事選である。千葉市長から転じ、「県民党」を標榜した熊谷俊人氏が、自民党が推薦し森田健作前知事の県政を継承すると訴えた関政幸氏らに圧勝した。

拡大初当選を決め、花束を受け取る熊谷俊人氏=2021年3月21日、千葉市中央区

政治の変化を感じた千葉県知事選

 熊谷氏は43歳。全国の知事のでは、北海道・鈴木直道氏の40歳に次ぐ若さだ。投票日は、千葉を含む1都3県に出されていた緊急事態宣言が解除された翌日であり、この間熊谷氏が千葉市長としてコロナ禍に対応した手腕が評価されたことが勝因のひとつだったろう。熊谷氏の得票は千葉県知事選で最高を記録、出口調査によれば自民党支持層の6割以上が、熊谷氏に投票したとみられる。

 自民党の二階俊博幹事長は「当選した候補者が名前も浸透し、地域になじんでいた。別にショックを受けているわけではない」と平静を装ったが、4月25日に衆参の三つの補選を控えての惨敗には違いない。その先には、衆院選や自民党総裁選が待ち構えており、ここで自民党の組織選挙の限界と脆(もろ)さが露呈した意味は重い。

 ただ、それはそうだとしても「菅政権に打撃」といった政局総括には違和感がある。この間の熊谷氏の言動を改めて振り返ると、もう少し違う大きな政治の変化を感じざるを得ないからだ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

曽我豪

曽我豪(そが・たけし) 朝日新聞編集委員(政治担当)

1962年生まれ。三重県出身。1985年、東大法卒、朝日新聞入社。熊本支局、西部本社社会部を経て89年政治部。総理番、平河ク・梶山幹事長番、野党ク・民社党担当、文部、建設・国土、労働省など担当。94年、週刊朝日。 オウム事件、阪神大震災、など。テリー伊藤氏の架空政治小説を担当(後に「永田町風雲録」として出版)。97年、政治部 金融国会で「政策新人類」を造語。2000年、月刊誌「論座」副編集長。01年 政治部 小泉政権誕生に遭遇。05年、政治部デスク。07年、編集局編集委員(政治担当)。11年、政治部長。14年、編集委員(政治担当)。15年 東大客員教授

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

曽我豪の記事

もっと見る