メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

バイデン米大統領から具体的な支持なし?東京五輪はもはや漂流する難破船

共同声明に「菅首相の努力を支持する」の文言は入ったけれど……

大濱﨑卓真 選挙コンサルタント

 バイデン米大統領にとって初めての「ホワイトハウス外交」となる日米首脳会談が4月15日(米国時間)に行われました。この会談の焦点のひとつに、7月からの東京五輪・パラリンピックがどのように取り扱われるかがありました。

 共同声明では「大統領は、今夏、安全・安心なオリンピック・パラリンピック競技大会を開催するための菅総理の努力を支持する」と記されましたが、努力への支持表明にとどまり、選手団派遣など具体的な約束はなし。筆者は、これで東京五輪開催はいよいよ厳しくなったと感じています。

拡大日米首脳会談後、共同会見をするバイデン大統領(右)と菅義偉首相=2021年4月16日午後5時33分、ワシントンのホワイトハウス

二階幹事長発言は中止のためのアリバイづくり?

 五輪開催に向け、東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会は機運盛り上げに一生懸命ですが、正直言って、なかなか上手くいっていません。

 東京五輪を成功裏に終わらせるためには、当然のことながら相当数の国が選手団を派遣することが条件となります。裏を返せば、主要国が選手団を送らない決断をすれば、その時点で東京五輪の開催は難しくなるでしょう。実際、2020年3月に東京五輪が開催延期となったのも、カナダが選手団派遣を中止したことなどがきっかけでした。

 15日には、自民党の二階俊博幹事長がTBSのCS番組で、「開催中止も選択肢」と発言したことが話題となりました。永田町では「余計なことを」「どういう理由か」などと話題になりましたが、私は、日米首脳会談に向けての外務事務担当者レベルの折衝で、バイデン米大統領から「選手団派遣の確約」が取れないことがわかったことによる、中止のためのアリバイ作り(予防線)であると感じていました。

 15日(米国時間)に行われた日米首脳会談の共同記者会見後に出された共同声明を読む限りでは、バイデン米大統領が「選手団派遣の確約」したとは受け取れず、会見でも菅義偉総理が「バイデン大統領から開催に対する決意を支持していただいた(I told the President about my determination to realize the Tokyo Olympic and Paralympic Games this summer as a symbol of a global unity. President Biden once again expressed his support for this determination.)」などと述べるに留まりました。

 また会見の際、記者からの「バイデン米大統領は菅首相に、米国選手団を送ることを確約しましたか?」という質問に、やはり菅首相は「バイデン大統領から開催に対する決意を支持していただいた(I expressed my determination to realize the Tokyo Olympics and the Paralympic Games as a symbol of global unity this summer. And President Biden, once again, expressed his support.)」と繰り返すだけでした。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

大濱﨑卓真

大濱﨑卓真(おおはまざき・たくま) 選挙コンサルタント

1988年生まれ。青山学院大学経営学部中退。2010年に選挙コンサルティングのジャッグジャパン株式会社を設立、現在代表取締役。衆参国政選挙や首長選挙をはじめ、日本全国の選挙に与野党問わず関わるほか、「選挙を科学する」をテーマとした選挙に関する研究も行う。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

大濱﨑卓真の記事

もっと見る