メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

音楽が必要だ

[236]「渋さ知らズ」4連発、映画『狼をさがして』、ピアニスト海野雅威さん……

金平茂紀 TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

キッシンジャーの田中角栄に対する憎しみ

4月2日(金) 結局、早稲田の留学生は休学届を出すことになったという。けれどもゼミの聴講は参加したいと。素晴らしい! 

 情報提供あり。ファイザー社のワクチン輸送。練馬区も冷凍方式に切り換えます、との連絡が厚労省からあったようだ。

 14時から日本記者クラブで、春名幹男さんの記者会見。ロッキード事件の深層を追った大著『ロッキード疑獄──角栄ヲ葬リ巨悪ヲ逃ス』出版にちなんでの著者会見。これは出かけないわけにはいかない。というのも、春名さんの問題設定は、僕自身も長年共有しているものだからだ。

会見中の春名幹男さん拡大会見中の春名幹男さん=撮影・筆者
 春名さんの主張は、キッシンジャーの田中角栄に対する憎しみが
・・・ログインして読む
(残り:約2632文字/本文:約4137文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

金平茂紀

金平茂紀(かねひら・しげのり) TBS報道局記者、キャスター、ディレクター

TBS報道局記者・キャスター・ディレクター。1953年、北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年、TBSに入社、報道局社会部記者を経て、モスクワ支局長、「筑紫哲也NEWS23」担当デスク、ワシントン支局長、報道局長、アメリカ総局長、コロンビア大学客員研究員などを経て、2010年より「報道特集」キャスター。2004年、ボーン・上田記念国際記者賞受賞。著書に『沖縄ワジワジー通信』(七つ森書館)、『ロシアより愛を込めて――モスクワ特派員滞在日誌 1991-1994』(筑摩書房)、『二十三時的――NEWS23 diary 2000-2002』(スイッチ・パブリッシング)など。共著に『テレビはなぜおかしくなったのか<原発・慰安婦・生活保護・尖閣問題〉報道をめぐって>』(高文研)、『内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ』(角川書店)など多数。

金平茂紀の記事

もっと見る