メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

米軍撤退に揺れるアフガニスタン タリバンはなぜ復活したのか?

ボン和平会議から20年。民主主義は根付かず、イスラム過激主義が復活

川端清隆 福岡女学院大学特命教授(元アフガン和平担当国連政務官)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

川端清隆

川端清隆(かわばた・きよたか) 福岡女学院大学特命教授(元アフガン和平担当国連政務官)

大阪府出身。通信社を経て1988年より25年にわたり国連本部政治局で政務官として勤務。アフガン和平交渉やイラク戦争の戦後処理に関わった後、2004年以降は安保理担当として第二次核危機以降の北朝鮮の核ミサイル問題に関する審議に関わる。2013年より現職。著書に「アフガニスタン 国連和平活動と地域紛争」(みすず書房)や「イラク危機はなぜ防げなかったのか 国連外交の六百日」(岩波書店)。共著に「PKO新時代 安保理からの証言」(岩波書店)。

川端清隆の記事

もっと見る