メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

朝日新聞出版、毎日新聞の「架空予約」報道は「悪質な妨害愉快犯」なのか?

自衛隊に無茶なシステム開発・運営を押し付けたために生じた失態

米山隆一 前新潟県知事。弁護士・医学博士

 菅義偉総理が4月27日にワクチン接種加速の目玉として自衛隊・防衛省が運営する東京・大阪の「大規模接種センター(参照)」を打ち出してから1月足らずの5月17日、実際に予約が始まると、大手マスコミの朝日新聞出版のニュースサイト「Aera.dot」と毎日新聞、さらに技術誌である日経xTechが、それぞれ「『誰でも何度でも予約可能』ワクチン大規模接種東京センターの予約システムに重大欠陥(参照)」、「大規模接種ウェブ予約 架空の数字で登録可 券番号も、年齢も(参照)」、「大規模接種予約サイトが架空番号でも予約可能に、対象期間外に予約できる不具合も(参照)」と報じ、あまりの杜撰(ずさん)さに多くの人があっけにとられる事態となりました。

拡大大規模接種センターでの予行演習で、受付に並ぶ民間のエキストラ=2021年5月21日、東京都千代田区の大手町合同庁舎3号館、代表撮影

朝日新聞出版、毎日新聞の報道を批判する政府・自民党

 ところが、これに対して岸信夫防衛大臣は、ツイッターで、
「自衛隊大規模接種センター予約の報道について。
今回、朝日新聞出版AERAドット及び毎日新聞の記者が不正な手段により予約を実施した行為は、本来のワクチン接種を希望する65歳以上の方の接種機会を奪い、貴重なワクチンそのものが無駄になりかねない極めて悪質な行為です。」(参照
と最大限の非難を加えたうえで(日経xTechには何故か言及されていません)、
「他方、今回ご指摘の点は真摯に受け止め、市区町村コードが真正な情報である事が確認できるようにする等、対応可能な範囲で改修を検討してまいります。」(参照
と、指摘された点は真摯(しんし)に受け止めるという、反応を見せています。

 また、河野太郎ワクチン接種担当大臣も記者会見で、
「一部の報道で、65歳以上でない方が面白半分に予約を取って65歳以上の方の予約を邪魔し、それを誇っているかのような行動があったので、自衛隊から抗議が出されたと承知している」
と語り(参照)、安倍元総理もツイッターで、
「朝日、毎日は極めて悪質な妨害愉快犯と言える。
防衛省の抗議に両社がどう答えるか注目。」(参照
とつぶやくなど、政府・自民党は押しなべて朝日(Aera.dot)、毎日への非難一辺倒で、両社に対して、芹澤清・防衛省官房長名の「貴社報道に対する申し入れ」を行ったと報じられています(ここでも、何故か日経xTechには言及されず、申し入れ書も来ていないとの事です(参照)。

賛否をめぐる議論がSNSで沸騰

 これに対して、朝日新聞出版(Aera.dot)は、
「今回の記事は、人の生命・安全に影響を及ぼす新型コロナウイルスのワクチン大規模接種に関する予約システムについて、架空の市区町村コードや接種券番号で誰でも予約ができてしまう脆弱性があり、このシステムを使って重大な不正行為が行われる恐れがあることを指摘したものです。この点について事前に防衛省とシステムの委託先の会社に見解を求めましたが、明確な回答は得られませんでした。取材過程における予約は情報に基づいて真偽を確かめるために必要不可欠な確認行為であり、記事にある通り、確認後にキャンセルしております。65歳以上の接種希望者の接種の機会を奪い、ワクチンを無駄にするものではありません。政府の施策を検証することは報道機関の使命であり、記事は極めて公益性の高いものと考えております」と反論(参照)。

 毎日新聞社も、
「毎日新聞は17日、予約システムについて『架空の数字を入力しても予約できる』との情報を得た。防衛省はシステムのそうした欠陥について事前に公表しておらず、事実であれば放置することで接種に影響が出る恐れもあり、公益性の高さから報道する必要があると判断。防衛省への取材を進めるとともに、記者が実際に入力して事実であることを確認した」と述べ(参照)、気骨のある所を見せていますが、SNSを中心に賛否をめぐって幅広い議論が起こっているので、本稿ではこの問題について論じたいと思います。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

米山隆一

米山隆一(よねやま・りゅういち) 前新潟県知事。弁護士・医学博士

1967年生まれ。東京大学医学部卒業。東京大学医学系研究科単位取得退学 (2003年医学博士)。独立行政法人放射線医学総合研究所勤務 、ハーバード大学附属マサチューセッツ総合病院研究員、 東京大学先端科学技術研究センター医療政策人材養成講座特任講師、最高裁判所司法修習生、医療法人社団太陽会理事長などを経て、2016年に新潟県知事選に当選。18年4月までつとめる。2012年から弁護士法人おおたか総合法律事務所代表弁護士。

米山隆一の記事

もっと見る