メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

世界を席巻する韓国のエンターテイメント、そしてユーモアも!

藏重優姫 韓国舞踊講師、仁荷工業専門大学語学教養学科助教授

韓国の人はユーモアのある表現がうまいなあ

Niyazz/Shutterstock.com拡大Niyazz/Shutterstock.com

 さて、いくら13年間アメリカで暮らしていたからといって、英語で、その場を掌握し、笑わせるスピーチは本当に大したものです。韓国に住んでよく思うことなんですが、韓国の人はユーモアのある表現がうまいなあということ。友人との会話でも、ちょくちょく入れてくるユーモアにゲラゲラ笑ってしまう。言い得て妙の比喩が上手です。特別意識しているわけではないので、そういう「文化」なんでしょうね。

 大阪人もお笑いが好きなので、ちょくちょく、ギャグを入れた話し方をしますが、大阪のギャグって自虐ネタやシュールなギャグが多い感じがします。東京に住んでいる時に、そう思いました。韓国のちょくちょく面白い比喩を入れてくる感じと、大阪のギャグの感じ、ちょっと似てるなと思いました。そういう意味では、韓国のユーモアもジョークもアメリカンスタイルを彷彿させます。

 また、「政治好き」の韓国だからでしょうか。スピーチの上手な人が多いなとも思います。韓国での子どもの学校生活を見ていて知りましたが、小学校の生徒会長を選ぶのにも、児童が本格的な選挙活動を繰り広げます。名前や公約を掲げたプラカードを作ったり、チラシを作ったり、応援団を組織したり、ホントびっくりです。

 また、驚いたのが、みんなのウケを狙いにきているなと感じさせる公約。

・・・ログインして読む
(残り:約2300文字/本文:約3348文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藏重優姫

藏重優姫(くらしげ・うひ) 韓国舞踊講師、仁荷工業専門大学語学教養学科助教授

日本人の父と在日コリアン2世の間に生まれる。3歳からバレエ、10歳から韓国舞踊を始め、現在は韓国にて「多文化家庭」の子どもを中心に韓国舞踊を教えている。大阪教育大学在学中、韓国舞踊にさらに没頭し、韓国留学を決意する。政府招請奨学生としてソウル大学教育学部修士課程にて教育人類学を専攻する傍ら、韓国で舞台活動を行う。現在、韓国在住。日々の生活は、二児の子育て、日本語講師、多文化家庭バドミントンクラブの雑用係、韓国舞踊の先生と、キリキリ舞いの生活である。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藏重優姫の記事

もっと見る