メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

菅・バイデン声明、異例の「台湾」言及から1カ月 その意味の深さを探る

日米中間に続く不気味な静けさ 次の動きを見極める必要

藤田直央 朝日新聞編集委員(日本政治、外交、安全保障)

菅氏はバイデン氏に押されたのか

 最後に、今回の菅・バイデン声明で台湾に言及したのは中国に対し強気の米国に日本が押されたからだと見る向きがあるが、そうとは言い切れないことを指摘しておく。

・・・ログインして読む
(残り:約1187文字/本文:約5983文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

藤田直央

藤田直央(ふじた・なおたか) 朝日新聞編集委員(日本政治、外交、安全保障)

1972年生まれ。京都大学法学部卒。朝日新聞で主に政治部に所属。米ハーバード大学客員研究員、那覇総局員、外交・防衛担当キャップなどを経て2019年から現職。著書に北朝鮮問題での『エスカレーション』(岩波書店)、日独で取材した『ナショナリズムを陶冶する』(朝日新聞出版)

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

藤田直央の記事

もっと見る