メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

菅政権に見る官邸機能強化の功と罪 リーダーシップの在り方、再考の時

グリーン・デジタル・ワクチン/変化に愚鈍では世界に取り残される

花田吉隆 元防衛大学校教授

拡大東京・永田町にある首相官邸。政治改革が目指した目標の一つが、官邸機能強化だった
 1990年代、「政」の「官」に対する弱さが指摘され、官邸機能強化が叫ばれた。今の政権は、この強化された官邸が率いる政権だ。強い官邸のリーダーシップは、次第に成果を見せ始めるが、近年、逆に行き過ぎによる弊害も見られるようになった。我々は、リーダーシップの在り方について、今一度立ち止まり考えてみるべきではないか。

 では、官邸機能強化の「功」とは何か。

世界の「化石」だった日本、所信表明で大転換

拡大COP25でのこの日の自身の演説に「化石賞」が贈られたことについてコメントする小泉進次郎環境相=2019年12月11日、マドリード
 2020年10月、菅義偉総理は就任後初の所信表明演説で、2050年までの温室効果ガス排出量実質ゼロを宣言した。即ち、日本社会は、2050年を目途にカーボンニュートラルを達成、脱炭素社会の実現を目指す。

 これは、それまでの方針の大きな転換で、その意味するところは絶大だ。それまで、日本は、2050年までに温室効果ガスを80%削減するとしていたが、世界の評価を得るには至らなかった。2019年12月、マドリッドで開催された国連気候変動枠組条約会合(COP 25)では、出席した小泉進次郎環境相が批判の矢面に立たされ、日本はありがたくもない「化石賞」を受賞した。そのころ国内では、温室効果ガス削減に対し消極的意見が大勢で、世界の趨勢に逆行する日本の姿はますます際立つばかりだった。

 この流れを冒頭の所信表明演説が大きく変えた。

拡大臨時国会の所信表明演説で、2050年に温室効果ガスの排出を実質ゼロにすると宣言した菅義偉首相=2020年10月26日

グリーンとデジタル、世界から遅れ命取りになる前に

 菅政権は、グリーンとデジタルを二本柱とする。いずれも、日本が世界の趨勢から取り残されかねない分野でその巻き返しは喫緊の問題だ。

 グリーンについては、世界が大きく舵を切った今、これに逆行した姿勢をいつまでも取り続ければ、徒に投資機会を失い経済的損失を被るばかりか、日本の発言力が失われ、存在自体が霞んでしまいかねない。

 デジタルの方は、場合によってはもっと深刻かもしれない。今や、世界はデジタル革命の真っただ中であり、アナログからデジタルにその仕組みの全てが変わろうとしている。その時に変革の意味を理解せず、いつまでもハンコと稟議書廻しに終始するとすれば、日本は競争力を喪失し、世界から置いてきぼりを食う羽目になる。グリーンとデジタルがそれほどの意味を持つにもかかわらず、日本が、変化を感じ取ることなくいつまでもノホホンとしていたのでは命取りになりかねない。

 思えば、明治維新前夜、維新の志士たちにとり、植民地勢力の接近は自明だったが、幕閣はその変化を感じ取るに於いて余りに鈍感だった。残念ながら、日本には「変化に愚鈍」な構造があるのだろうか、グリーンとデジタルは危うくそのいい例になるところだった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等を経て、早稲田大学非常勤講師。著書に「東ティモールの成功と国造りの課題」等。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

花田吉隆の記事

もっと見る