メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

コロナ対策の“優等生”と賞された台湾、その真相と深層(上)

感染拡大に“ワクチンの乱”、追い込まれた蔡英文政権

甘粕代三 売文家

 コロナ対策の“優等生”と世界から賞賛を集めてきた台湾が一転してコロナ対策に追われ、2期目1年を過ぎた蔡英文民進党政権は崖っぷちに追い込まれている。

 台湾では5月中旬から市中感染が拡大。備蓄していた僅か約20万回分の英製薬大手アストラゼネカ(以下AZ)製ワクチンは医療関係者への優先接種でたちまち底をついてしまった。

 6月4日には日本から無償援助された124万回分のAZ社ワクチンが到着し、翌5日には米上院議員らが訪台してワクチン75万回分の供与が伝えられた。しかし、接種が始まった日本からのワクチンも十分とは言えず、台湾島内ではなおワクチン“日照り”が続き、大きな政局に発展する恐れが指摘されている。

 台湾はなぜこのような悲惨な状況に陥ってしまったのか――。昨年1月からの台湾の歩みを辿り、現状を具に観察することから浮かび上がらせたい。

台湾向けのワクチンなどが積み込まれる日本航空の航空機=2021年6月4日、成田空港拡大台湾向けのワクチンなどが積み込まれる日本航空の航空機=2021年6月4日、成田空港

隔離期間短縮が裏目に?

 台湾の新型変異株市中感染の火種となったのはフラッグ・キャリア中華航空の外国人パイロットだった。

 この外国人パイロットは貨物便のフライトから帰台、桃園空港内の中華航空資本のホテルに隔離された。しかし、そのホテルの隔離態勢が甘く、同僚のパイロットや客室乗務員、地上職員らばかりかホテル従業員にまで感染が拡大。これが市中感染爆発につながった。海外から帰台したパイロットには5日間の隔離が義務付けられていたが、これを3日間に2日短縮したことが感染拡大を招いた可能性を現地メディアは報じている。

 また、台北郊外の芦州ライオンズクラブ会長が、台北市内の古い夜の街で遊興。ここでの濃厚接触が感染爆発につながったとの指摘もある。6月21日零時30分現在、台湾での感染者は1万4005人、死者549人に達している。

多くの客や女性従業員らの感染が確認され、一斉に店を閉じた台北・万華の歓楽街=2021年5月22日拡大多くの客や女性従業員らの感染が確認され、一斉に店を閉じた台北・万華の歓楽街=2021年5月22日

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

甘粕代三

甘粕代三(あまかす・だいぞう) 売文家

1960年東京生まれ。早大在学中に中国政府給費留学生として2年間中国留学、卒業後、新聞、民放台北支局長などをへて現業。時事評論、競馬評論を日本だけでなく中国・台湾・香港などでも展開中。

甘粕代三の記事

もっと見る