メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

コロナ対策の“優等生”と賞された台湾、その真相と深層(下)

台湾をみる目はなぜ曇るのか

甘粕代三 売文家

水際対策前に入っていたか? 日台の違い

 日本は当時の首相・安倍晋三が旧正月(2020年は1月25日)を前に覚えたての中国語で旧正月長期休暇の来日を訴えていたが、台湾は習近平の号令一下、大陸からの人流が激減し、日本とは全く状況が異なっていた。

 2月7日以前に大陸からの人流が減って

・・・ログインして読む
(残り:約2940文字/本文:約4241文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

甘粕代三

甘粕代三(あまかす・だいぞう) 売文家

1960年東京生まれ。早大在学中に中国政府給費留学生として2年間中国留学、卒業後、新聞、民放台北支局長などをへて現業。時事評論、競馬評論を日本だけでなく中国・台湾・香港などでも展開中。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

甘粕代三の記事

もっと見る