メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

[1] チェロの神様はファシズムと闘い、平和を生涯訴えた~「鳥の歌」スペイン

伊藤千尋 国際ジャーナリスト

拡大カタルーニャ民族の聖地モンセラットの岩山を背景にしたカザルスの銅像。チェロの近代的奏法を確立し、深い精神性を感じさせる演奏から20世紀最高のチェリストとして名高い(Ivica Drusany / Shutterstock.com)

民族の魂を宿す歌 国境も人種も越えて届く人間性

 朝日新聞社の特派員として中南米、ヨーロッパ、米国の三つの地域を駆け回り、「AERA」の取材でアジアをめぐった。フリーのジャーナリストとなってからは未踏破の空白地域を埋めてきた。これまで取材した国は82カ国にのぼる。

 ニュースを追うかたわら、各地で耳にしたのが民族に独特の歌だ。日本に「赤とんぼ」や「桜」があるように、世界のどの民族にも固有の魂と言える歌がある。たった一つの歌に、その民族の特有な気質、深い文化や長い歴史が凝縮されている。 

 私たちにもなじみの深い世界の歌の成り立ちを知ると、民族の違いを感じるとともに、国境を隔てた人々が身近に感じられる。文化は違っても同じ人間が苦悩し、喜び、叫んでいることがわかり、人種を越えて共通する人間性を感じる。

 世界の人々が集うはずのオリンピックがコロナ禍で閑散となる異常事態の中、歌を通じて世界の人々の心情に迫ろう。まずはヨーロッパ大陸の5曲を紹介したい。初回はスペインから、オリンピックに関連して。

(連載第2回「歓喜の歌」はこちら、第3回「アムール河の波」はこちら、第4回「ソルヴェイグの歌」はこちら

バルセロナ五輪フィナーレはカタルーニャの調べ

拡大華やかに花火が打ち上げられる中、バルセロナ・オリンピックの閉会式が繰り広げられた=1992年8月9日、バルセロナの五輪スタジアム、筆者撮影
 世界の人々が注目する中、オリンピック会場は閉会式の熱気に包まれていた。

 1992年夏、スペインのバルセロナ。聖火が消える直前、記者席の前列にいた私の耳に物悲しく荘重なソプラノの歌声が聞こえてきた。歌うのは地元バルセロナ生まれのソプラノ歌手ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス、歌はカタルーニャ民謡の「鳥の歌」だ。

 カタルーニャ語の詞を直訳すると、こんな意味になる。

幸いなる夜に、まばゆいばかりの光が差す
小鳥たちは美しい声で歌い始める
鷲も美しい調べを歌い、空を舞いながら告げる
「イエス様がお生まれになった。私たちを罪から解き放ち、喜びを与えるために」
スズメが応じる。「今夜はクリスマス。大いに満足する夜」
ヒワもまた歌う。「なんという喜びだろう!」
別のヒワもさえずる。「なんて美しく、素晴らしいんだろう。マリア様の御子は!」
ツグミは喜んで叫ぶ。「死は克服され、生が蘇った」

時代に屈しなかった音楽家の人生

 元はイエス・キリストの生誕を祝うクリスマスの歌だ。哀愁を帯び、もの悲しさを感じさせる静かなメロディーである。聖歌集にも収められたこの歌が、オリンピックを締めくくる歌に選ばれた。
その背景には時代に屈しなかった音楽家の人生がある。

 カタルーニャが誇るチェロの奏者パウ・カザルス。カタルーニャ語のこの呼び方よりも、日本ではスペイン語のパブロ・カザルスの名の方が知られている。「チェロの神様」と呼ばれた彼の故郷がスペイン北東部のカタルーニャ州だ。その州都がバルセロナである。

拡大バルセロナにある教会サグラダ・ファミリア。「アントニ・ガウディの作品群」として世界文化遺産に登録されている(dimbar76 / Shutterstock.com)
拡大カタルーニャ州タラゴナ県で行われた祭りで披露されたカタルーニャ独特の「人間ピラミッド」=2018年9月(Lady Kirschen / Shutterstock.com)

 1936年のオリンピック開催地を決める1931年の投票では、バルセロナとドイツのベルリンが競り合った。本命はバルセロナと言われた。だが、スペインの国内で政治対立が激しくなり情勢が不穏になったことが影響し、ベルリンが選ばれた。このときのドイツはまだ民主的なワイマール体制だった。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

伊藤千尋

伊藤千尋(いとう・ちひろ) 国際ジャーナリスト

1949年、山口県生まれ、東大法学部卒。学生時代にキューバでサトウキビ刈り国際ボランティア、東大「ジプシー」調査探検隊長として東欧を現地調査。74年、朝日新聞に入社し長崎支局、東京本社外報部など経てサンパウロ支局長(中南米特派員)、バルセロナ1949年、山口県生まれ、東大法学部卒。学生時代にキューバでサトウキビ刈り国際ボランティア、東大「ジプシー」調査探検隊長として東欧を現地調査。74年、朝日新聞に入社し長崎支局、東京本社外報部など経てサンパウロ支局長(中南米特派員)、バルセロナ支局長(欧州特派員)、ロサンゼルス支局長(米州特派員)を歴任、be編集部を最後に2014年9月、退職しフリー・ジャーナリストに。NGO「コスタリカ平和の会」共同代表。「九条の会」世話人。主著に『心の歌よ!』(シリーズⅠ~Ⅲ)『連帯の時代-コロナ禍と格差社会からの再生』『凛凛チャップリン』『凛とした小国』(以上、新日本出版社)、『世界を変えた勇気―自由と抵抗51の物語』(あおぞら書房)、『13歳からのジャーナリスト』(かもがわ出版)、『反米大陸』(集英社新書)、『燃える中南米』(岩波新書)など。公式HPはhttps://www.itochihiro.com/

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

伊藤千尋の記事

もっと見る