メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

入管での面会で感じる「同じ人間なんだ」~BOND学生メンバー・菊川奎介さん

声を上げ、行動を起こす人が増えれば変わると信じて

松下秀雄 「論座」編集長

 名古屋入管に収容されていたウィシュマ・サンダマリさんの死の真相究明や、入管法改正案への反対運動でめだつ若者たちの姿。そのひとりが「BOND~外国人労働者・難民と共に歩む会〜」の学生メンバーで、早稲田大学政治経済学部4年の菊川奎介さん(21)です。
 ノルウェー留学で知り合ったシリア難民や、入管での面会活動で出会う人たちに「同じ人間なんだ」と気づかされたという菊川さんはいま、「一緒に行動してくれる人が増えれば、政治とか国、入管行政も変わっていく」と確信しています。
 先に公開した「START」の学生メンバー・千種朋恵さん(20)や、高校生だったころに声を上げた宮島ヨハナさん(19)のインタビューもぜひお読みください。朝日新聞ポッドキャストでもこの問題について、フォトジャーナリストの安田菜津紀さんをはじめ、シリーズでお話を聞いています。
 《BOND(バンド)~外国人労働者・難民と共に歩む会〜》
 関東地方を中心に、日本で生活する外国人労働者・難民を支援する、学生と社会人による団体。入管に収容されている外国人との面会、仮放免者への支援、入管問題の解決に向け、より多くの人に入管収容の実態を伝える情報発信活動などにとりくんでいる。東海を中心に活動する「START」、関西の「TRY」のメンバーらとともに、「ウィシュマさん死亡事件の真相究明を求める学生・市民の会」を結成し、事件の真相究明のためのビデオ開示、再発防止の徹底を求めてオンラインによる署名活動を実施。8月13日に当日までに集まった5万筆を超える署名を出入国在留管理庁に第1次提出した。10月1日の2次提出に向け、署名を継続している。

Zoomでのインタビューに答える菊川奎介さん拡大Zoomでのインタビューに答える菊川奎介さん

動かぬ証拠=ビデオ映像の全面開示を

 ――出入国在留管理庁が、ウィシュマさんの死に関する最終報告を公表しました。また、亡くなる前のおよそ2週間の監視カメラのビデオ映像を2時間に編集し、遺族に開示しました。ベッドから落ちて助けを求めるウィシュマさんを床に寝かせたままにしたり、死亡当日、ぐったりしているところに「ねえ、薬きまってる?」と話しかけたりしていたということです。

 最終報告書とビデオを見られたご遺族の発言から、入管職員の外国人嫌悪感情と人権意識の欠如を率直に感じました。「ヒト」を「ヒト」として扱わない、そんな入管の持つ体質を「変えなければいけない」という国民の声が、今回の5万筆を超える署名に込められている。日本人としての恥ずかしさや怒りがこもっていると感じています。

 ご遺族のお話によると、映像と最終報告書の内容には食い違いがあるといいます。何が本当に起こっていたのかを知るためには、ビデオの全面開示が絶対に必要です。入管自身による、入管に都合良く解釈された調査報告書ではなく、動かぬ証拠である2週間分の映像記録の公開が、ご遺族をはじめ私たち学生・市民全員が求めているもの。それこそが再発防止策を講じるカギになると信じています。

 ウィシュマさんの問題はまだ解決されていません。BONDも参加している「ウィシュマさん死亡事件の真相究明を求める学生・市民の会」は、さらなる真相の究明や再発防止の徹底を求める集会を8月21日にオンラインで開催します。若い世代を中心に、この問題に関心を寄せる全国の人たちが一堂に会し、世論の波を起こしたいと思っています。ぜひご参加ください。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

松下秀雄

松下秀雄(まつした・ひでお) 「論座」編集長

1964年、大阪生まれ。89年、朝日新聞社に入社。政治部で首相官邸、与党、野党、外務省、財務省などを担当し、デスクや論説委員、編集委員を経て、2020年4月から言論サイト「論座」副編集長、10月から編集長。女性や若者、様々なマイノリティーの政治参加や、憲法、憲法改正国民投票などに関心をもち、取材・執筆している。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

松下秀雄の記事

もっと見る