メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

戦争や平和を見つめ直す論考20本をご紹介します

論座編集部

 76年前の8月15日、昭和天皇が「玉音放送」で、日本が降伏することを国民に伝えました。

 毎年、この「終戦の日」や、広島・長崎に原爆が投下された日の前後に、戦争や平和に関する報道が集中します。「8月ジャーナリズム」と、皮肉を込めて呼ぶ人もいます。

 けれども、それが戦争や平和を見つめ直すきっかけとなるのであれば、8月であっても悪いはずはありません。問題は、代わり映えのしない前例踏襲型の報道を繰り返すのではなく、深く、多様な角度から「考える材料」を提供できるかどうかにかかっているのではないでしょうか。

 「論座」には、1万9000本を超える論考が蓄積されています。戦争や平和に関する論考も数多くあります。

 その中から、20本をご紹介します。朝日新聞デジタル有料(プレミアムコース・ダブルコース)会員と、論座の全ジャンルパック、もしくは該当するジャンルの会員のみなさまには全文、お読みいただけます。ぜひ、お読みください。

岐路に立つ平和について語る半藤一利さん=2017年9月26日拡大岐路に立つ平和について語る半藤一利さん=2017年9月26日
 ▼半藤一利さんの「遺言」――記者に語った「歴史から何も学ばぬ日本人」 伊藤千尋(2021年01月20日)

 ▼8月6日の「原爆の日」に、五輪選手に黙とうを呼びかけることへの私の違和感 乗松聡子(2021年08月03日)

 ▼原爆の惨禍を世界に伝えたジョン・ハーシーの『ヒロシマ』 三浦俊章(2020年08月09日)

 ▼三浦瑠麗対談:私が徴兵制が再び必要だと言う理由 三浦瑠麗 阿川尚之(2019年07月13日)

 ▼Amazonプライム問題で注目 三浦瑠麗さんの「平和のための徴兵制」に異議あり 米山隆一(2020年08月26日)

原爆ドーム=2020年3月、広島市中区拡大原爆ドーム=2020年3月、広島市中区
 ▼戦後75年、変わりゆく「国柄」 集団的自衛権、敵基地攻撃、そして… 藤田直央(2020年08月09日)

 ▼「軍隊らしくなさ」と死を意識する組織 瀧野隆浩(2015年11月11日)

 ▼学術会議の原点は「ボトムアップ」、第1期にもあった任命拒否 尾関章(2021年05月05日)

 ▼千円札に気づかされたアジア人の葛藤 市川速水(2019年12月15日)

東京都養育院(現東京都健康長寿医療センター)の戦災孤児たち=1946年8月ごろ、東京都板橋区拡大東京都養育院(現東京都健康長寿医療センター)の戦災孤児たち=1946年8月ごろ、東京都板橋区
 ▼敗戦から75年目の夏――現在に突き刺さる浮浪児・満州・沖縄 野上暁(2020年08月11日)

 ▼片渕監督講義『この世界の片隅に』暮らしと戦争1 叶精二(2017年08月03日)

 ▼大本営は信じられていなかった 辻田真佐憲(2019年06月25日)

 ▼戦時報道とジャーナリズムの論理 上丸洋一(2021年06月23日)

 ▼終戦の日、熱海の「もうひとつの靖国」を訪ねた 石川智也(2019年08月18日)

 

井上ひさしさんと浅利慶太さん拡大井上ひさしさんと浅利慶太さん
井上ひさしと浅利慶太の「戦争」 山口宏子(2019年08月18日)

 ▼NHK「ひろしまタイムライン」の問題点 中沢けい(2020年09月02日)

 ▼ひめゆりの塔を知っていますか? 戦争を知らない世代が歴史を学ぶ切実な意味 山本章子(2021年05月26日)

 ▼「語れなさ」を考える 瀬尾夏美(2019年07月30日)

 ▼いま必要な「対立の超克」「連帯」「不戦」 西原春夫(2020年08月22日)

 ▼戦争を忘れる「平和」、原発事故を忘れる「復興」でよいのか? 松下秀雄(2020年09月07日)

(敬称略)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。