メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新政権の重要課題「AUKUS」~米英豪の安全保障協力が持つ意味

欧州軽視との批判は的外れ

高橋礼一郎 元駐オーストラリア大使

 またAUKUSの意義は豪の潜水艦調達のみでないことも言うまでもない。

・・・ログインして読む
(残り:約1452文字/本文:約2564文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋礼一郎

高橋礼一郎(たかはし・れいいちろう) 元駐オーストラリア大使

1980年、外務省入省。在アメリカ合衆国大使館参事官、大臣官房報道課長などを経て、2011年から駐アフガニスタン大使。その後、内閣府国際平和協力本部事務局長、駐オーストラリア大使を経て、2021年退官

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

高橋礼一郎の記事

もっと見る