メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

メルケル時代の16年、世界はどう動いたか~激動に翻弄されたまま迎える変革の時

我々は世界秩序の「重し」を欠いたまま難局を乗り越えていかねばならない

花田吉隆 元防衛大学校教授

 一つの時代が終わった。ドイツのメルケル首相が、2005年の就任から16年の首相在任期間を経て近く引退する。メルケル首相と言えば、その類いまれな指導力をもって常にEUのリーダーであり続けた政治家だ。これから世界は、世界秩序の「重し」を欠いたまま難局を乗り切っていかなければならない。では、この16年を振り返り、世界はどういう時期にあったか。今後の指針を考える上で、国際関係、主要国の内政、経済、その他で見てみたい。

拡大G7首脳会議でトランプ米大統領(右から3人目)と首脳宣言についての協議を進めるメルケル独首相(中央)ら。首脳宣言がまとまり閉幕後、トランプ氏が「承認しない」と表明し、混乱したため=2018年6月

1.国際関係――中国の台頭と国際秩序の変化

 まず、国際関係では、この16年の大きな変化は何といっても中国だろう。2000年代前半、中国は、その存在感を増しつつあったが、まだ今のような力はなかった。例えば、欧州から見た時、アジアとは何と言っても日本だった。ドイツは日本との経済関係こそを重視した。

拡大欧州化学最大手の独BASFと中国石油化工が合弁で建設したエチレンなどの化学プラントが本格稼働を始め、竜の舞いで祝った=2005年9月28日、中国・南京
 ところが、2000年代半ば頃を境に、明らかにドイツの視線が日本から離れていく。当時欧州にいて、その変化を肌身で感じ身につまされる思いをした。ドイツ企業は、対中投資に熱心になり、たまに日本企業の方を向くときがあっても、それは、中国という国は経験がないから仲介してくれないか、といった類いのものだった。

 ドイツが中国との絆を深めていくのは、この頃からだ。

欧州から中国進出→習近平による強権化で「ライバル」に

 初め、中国は、安価な労働力の供給源として世界経済に登場した。その後、次第に市場としての価値が注目され、2000年代半ば以降、ドイツを始めとした欧州企業は怒涛のように中国に向かって行った。だからといって、中国は経済力を高めこそすれ政治力はまだとるに足らない存在でしかない。

 それが、習近平体制になり変わっていく。中国は次第に強権体質を強め、既存秩序への挑戦者としての姿を見せるようになっていった。メルケル首相の中国との緊密な関係は広く知られているが、そのメルケル首相ですら、こういう中国には眉を顰めざるを得なかった。2019年、EUは内部文書で、中国を「システミックなライバル」と名指しした。

拡大香港の林鄭月娥・新行政長官(中央左)の就任式に臨む中国の習近平国家主席(中央右)=2017年7月1日、香港・湾仔

米国は中国に対峙するため同盟関係強化

 トランプ政権下で、米国の対中関係は大きく対立に舵を切ったが、バイデン政権も、対中姿勢は基本的に同じだ。ただ、中国に対する対峙の仕方として同盟関係を重視する点が違う。

 就任後、矢継ぎ早に、日米首脳会談の共同宣言やG7会合の首脳宣言で、台湾海峡につき「平和と安全の重要性を強調し、両岸問題の平和的解決を促す」との一文を盛り込むことに成功。この流れは先頃の米英豪による安全保障枠組み「AUKUS」の創設や、日米豪印のクアッド首脳会合まで続いていく。バイデン政権は着々と同盟関係強化を進めている。

拡大日米豪印4カ国(クアッド)首脳会議にのぞむ各国の首脳。左から菅義偉首相、インドのモディ首相、米国のバイデン大統領、豪州のモリソン首相=2021年9月24日、ホワイトハウス、内閣広報室提供

秩序維持の責任感じぬ中国、余力のない米国、日独は首相交代

 かつて、国際社会は、中国を責任あるステークホルダーとして迎え入れようとしたが、その目論見は見事に裏切られた。今や、強権体質を隠そうとしない中国に対し、米国中心の同盟諸国は如何にこれに対峙し、力による既存秩序変更を阻止しつつ、対中関係をマネージしていくか。

 問題は、新たに台頭する中国に秩序維持の能力も責任感もなく、他方、これまでの覇権国、米国には秩序維持の十分な力が残っていないという現実にある。米国は、アフガニスタンから撤退したが、その穴を誰が責任を持って埋めようというのか。ドイツのメルケル首相退陣や、日本の安倍・菅政権の交代はそういう同盟諸国側を巡る動きの一コマだ。

拡大G20サミット会場で、オバマ米大統領、サルコジ仏大統領、ベルルスコーニ伊首相らとの輪の中心で話すメルケル独首相=2011年11月3日、フランス・カンヌ

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等を経て、早稲田大学非常勤講師。著書に「東ティモールの成功と国造りの課題」等。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

花田吉隆の記事

もっと見る