メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

いよいよ衆院解散・総選挙 注目選挙区から見える選挙戦の構図と焦点

岸田文雄政権が発足。直後の衆院選で問われるものは

星浩 政治ジャーナリスト

千葉8区:二階俊博・岡田克也両氏の「代理対決」

 地域の有力者に若手が挑戦するという点では、千葉8区(柏市、我孫子市)も同じだ。自民党の現職・櫻田義孝元五輪相(71)に立憲民主党の新顔・本庄知史氏(46)が挑む。

・・・ログインして読む
(残り:約1977文字/本文:約3430文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

星浩

星浩(ほし・ひろし) 政治ジャーナリスト

1955年福島県生まれ。79年、東京大学卒、朝日新聞入社。85年から政治部。首相官邸、外務省、自民党などを担当。ワシントン特派員、政治部デスク、オピニオン編集長などを経て特別編集委員。 2004-06年、東京大学大学院特任教授。16年に朝日新聞を退社、TBS系「NEWS23」キャスターを務める。主な著書に『自民党と戦後』『テレビ政治』『官房長官 側近の政治学』など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

星浩の記事

もっと見る