メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「豪州への原潜配備」にみるバイデン政権の確固たる対中戦略~仏との亀裂いとわず

インド太平洋地域の戦略的バランスを激変させるAUKUS―対中抑止の同盟網着々

花田吉隆 元防衛大学校教授

インド太平洋地域への影響力拡張ねらう欧州各国

拡大フランス海軍の強襲揚陸艦「トネール」が2021年4月、インド東方ベンガル湾で日米豪印(クアッド)と仏よる共同訓練に参加した時の様子。5月には東シナ海での日米豪仏の共同訓練にも参加し、佐世保に入港した=インド海軍提供
 フランスはインド太平洋地域に領土を持つ。そこには海軍基地が4つある。従って、インド太平洋の平和と安全はフランスにとり自らの権益に関することだ、と言われる。しかし、フランスがインド太平洋地域に関心を示すのは、そこに自らの領土や基地が存在するからではない。この地域が、21世紀の世界の中心になるからであり、フランスがその地域における影響力を高めたいと考えるからだ。

 今、英国もドイツも艦船をこの地域に派遣している。それは、この地域で中国の影響力が高まり平和と安全の確保が急務だ、ということもあるが、基本的には、両国が、この地域への影響力を強めたいと考えているからだ。仏豪潜水艦共同開発計画も、フランス側にはそういう狙いがあった。

 ところが、この計画が遅々として進まない。既に5年が経過し、所要額も当初見積の340億ユーロを大きく超え560億ユーロにまで膨らんだ。

拡大シドニーで豪海軍の潜水艦の上に乗るマクロン仏大統領(左から2番目)とターンブル豪首相(当時、右から2番目)=2018年5月

豪中関係の緊迫下、豪は原潜で戦略的抑止力を手に入れる

 そうこうする間に、豪中関係が緊迫化、中国は、貿易上のあの手この手で豪州を締め上げようとしている。今や、豪中関係は過去になかったほどの冷却ぶりだ。

 他方、米英が配備の支援を申し出た原子力潜水艦は、フランスとの共同開発で目指すディーゼル・電気潜水艦とは戦略的意味合いが全く異なる。

拡大【右】米海軍のロサンゼルス級原子力潜水艦ルイビル。2018年、太平洋での演習中に浮上して航行した様子(The Mariner 4291/Shutterstock.com)【左】バージニア級原潜として初めて国内寄港したハワイ=2010年9月3日、米海軍横須賀基地
 原子力潜水艦は、ステルス性、速度、航続距離、操縦性等に優れ燃料の補給が不要だ。ディーゼル・電気型とは比べ物にならない。豪州は、原潜保有で、初めて戦略的抑止能力及び、攻撃能力を持つことになる。それを、西太平洋に配備すれば中国にとり大きな脅威だ。

 中国から見れば、AUKUS創設は悪夢以外の何物でもなく、その出現により戦略バランスが大きく変化した。中国とすれば、AUKUSのような枠組みは何としても阻止したかったが、結局そうはならなかった。

拡大モリソン豪首相(Naresh777/Shutterstock.com)
拡大中国の習近平国家主席(Naresh777/Shutterstock.com)

米抑止力に絶大な価値、パースやインド洋ココス島の確保狙う

拡大オーストラリア海軍の紋章=豪パース( Adwo/Shutterstock)
 逆に言えば、米国は、これにより、対中戦略で願ってもないポジションを得たということだ。英国は、デービット・キャメロン首相の時、何かと言えば中国にすり寄っていたが、その後香港、新型コロナ等の問題が起こり、対中関係が急速に悪化、今では、米国との関係を大事にする。そういう英国を巻き込み、それに豪州も加える。

 豪州の存在価値は絶大だ。豪州は、中国の長距離ミサイルの射程外に位置する。従って、そこに米国がロテーションで部隊を駐留させることは米国の抑止力にとり大きな意味を持つ。米国としては、できれば南西部のパースにも原子力潜水艦の寄港地を確保したいところだ。更には、インド洋の豪州領であるココス島も中国の動きに目を光らせる上で絶好の地理的条件にある。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等を経て、早稲田大学非常勤講師。著書に「東ティモールの成功と国造りの課題」等。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

花田吉隆の記事

もっと見る