メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

立憲の代表選候補と議員諸氏は4年前の「希望の党」なだれ込みを総括せよ

目先の損得で”魂”を売った過去を国民は忘れていない

今井 一 ジャーナリスト・[国民投票/住民投票]情報室事務局長

生き残りを図った「希望の党」への合流劇

 民主党は、2009年8月の衆院選で大勝して政権を執ったものの、翌年には支持率が下がりはじめた。鳩山、菅、野田と党首交代を重ねる度に不人気に拍車がかかり、2012年の暮れに政権を返上。その後も人気は回復せず、2016年の春には維新の党(松野頼久代表)と合流して民進党となったが、支持率低下は止まらなかった。

 一方、自民党を辞め、2016年の都知事選に出馬し圧勝した小池百合子は人気沸騰。都知事選後に地域政党「都民ファーストの会」を設立すると、翌2017年の都議選では49人が当選し、自民党(当選23人)を抑えて第1党となった。ちなみにこの選挙での民進党の当選者はわずか5人で、両党の勢いの差は歴然としていた。

 不人気が続く民進党は蓮舫を代表に据えて党勢の回復を図ったが、二重国籍問題が発覚すると所属議員の「離党ドミノ」が進んで蓮舫は辞任。次の代表をめぐって前原と枝野が争い、前原が勝利した。

 その矢先の2017年9月25日、安倍首相は28日召集の臨時国会冒頭に衆議院を解散すると表明し、衆院選が10月22日投開票で行われることになった。

 同日、小池知事は都庁で記者会見を開き、新党を設立して代表職に就くことを発表。「希望の党」を旗揚げして衆院選に名乗りを上げる。

「希望の党」結党会見でポーズをとる代表の小池百合子氏(中央)。左から2人目は細野豪志氏=2017年9月27日 拡大「希望の党」結党会見でポーズをとる代表の小池百合子氏(中央)。左から2人目は細野豪志氏=2017年9月27日

 その翌日、前原は小池に会う。民進党のまま選挙戦に突入すれば大半の議員は落選するので、民進党を捨てて「希望の党」へなだれ込み、小池人気に便乗して生き残りを図ろうと考えたのだ。この会談において両者は「野党勢力を結集するために、連携して戦う」という建て前で合意した。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

今井 一

今井 一(いまい・はじめ) ジャーナリスト・[国民投票/住民投票]情報室事務局長

 1991年以降、ソ連、ロシア、スイス、フランス、イギリスなどで国民投票の取材を重ね、国内では新潟県巻町、名護市、徳島市など各地で実施された住民投票を精力的に取材。2006年~07年には、衆参各院の憲法調査特別委員会に参考人及び公述人として招致され、国民投票のあるべきルールについて陳述する。著書に『CZEŚĆ!(チェシチ)──うねるポーランドへ』(朝日新聞社)、『住民投票』(岩波書店)、『「憲法9条」国民投票』(集英社)、『国民投票の総て』、『住民投票の総て』(ともに[国民投票/住民投票]情報室)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

今井 一の記事

もっと見る