メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「野党共闘は失敗」に感じる違和感~立憲民主党が勝てなかった真の理由とは

野党共闘の成功した部分と失敗した部分の正しい評価・反省・修正が必要

米山隆一 衆議院議員・弁護士・医学博士

 10月31日に投開票が行われた第49回衆院選からひと月ほどが経ちました。この衆院選においては、自民党が276議席から261議席に減らしたものの、野党共闘路線を取った立憲民主党が選挙前の109議席から96議席に、共産党が12議席から10議席に減らし、野党共闘路線に背を向けた国民民主党が8議席から11議席に、日本維新の会が11議席から41議席に増やしました。

 これについて、「野党共闘によってリベラルになりすぎた(野党共闘はなぜ失敗したのか 惨敗の立憲民主、政治評論家が指摘した「維新との差」(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース)」「野党は怒りっぽい事が嫌われた(立憲民主党はなぜ若者の支持を得られなかったのか?(室橋祐貴) - 個人 - Yahoo!ニュース)」など、野党共闘を失敗と断ずる論調も目立ちますが、野党共闘の無所属候補として戦ったものとしての現場の感覚は大きく異なります。

 私自身が行った政治活動・選挙活動を一つの題材としながら、今回の衆院選と、野党共闘路線の効果について振り返りたいと思います。

拡大立憲民主党の新代表に選出され、「がんばろう」とかけ声を掛ける泉健太氏(右から4人目)=2021年11月30日、東京都港区

野党共闘の効果は小選挙区と比例でまったく別

 今回の選挙については、前述の通り「野党共闘の失敗」と総括する論調が目立ちますが、2017年と2021年の衆院選を比べると、立憲民主党は実は議席を55から96に増やしており、特に小選挙区について言えば2017年には18の選挙区でしか勝てなかったものが、57もの選挙区において勝利していることが分かります(表1参照)。比例区の獲得議席を見ても、立憲民主党単独なら、実は37から39に微増しています。

拡大表1

 2017年と2021年の立憲民主党の比例での得票率を比較しても、その差はほとんどありません(表2参照)。

拡大表2
 もちろん、小選挙区での獲得議席数が増えたのは、国民民主党、社民党に所属した多くの議員が立憲民主党に合流した影響もあると思われるので、選挙直前と選挙後で立民・社民・無所属会派の議席数がどう変わったかをみてみましょう。結果は表3のようになります。

 これを見ると、確かに議席数は113から97に減っていますが、勝利した小選挙区は49から59に増えており、議席数の減少は、比例の議席が64から38に激減したためだと言えます。しかし、前述のとおり立憲民主党に限って言えば、比例の議席数は前回の衆院選と比べ微増しており、得票率も変わっていません。結局これは、比例で、他党からの合流で増加した議席数を維持するだけの議席を獲得できなかったことによるものと思われます。

拡大表3
 つまり、今回の衆院選で立憲民主党は、「国民民主党、社民党からの合流で候補者が増えたことと、野党共闘の効果がプラスして小選挙区では獲得議席を増やしたが、比例では当然ながら1党のままで合流によるプラスはないうえ、野党共闘の効果もなかったために獲得議席が増えなかったことから、衆院選前に他党からの合流によって増加していた比例議席が減少したことで、全体の議席数が減少した」と考えられるのです。

 以上から、今回の衆院選は、野党共闘の効果が、小選挙区と比例でまったく別々の結果をもたらした選挙だったと言えるのであり、小選挙区と比例に分けて分析することが必要だと考えられます。以下、それぞれについて論じます。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

米山隆一

米山隆一(よねやま・りゅういち) 衆議院議員・弁護士・医学博士

1967年生まれ。東京大学医学部卒業。東京大学医学系研究科単位取得退学 (2003年医学博士)。独立行政法人放射線医学総合研究所勤務 、ハーバード大学附属マサチューセッツ総合病院研究員、 東京大学先端科学技術研究センター医療政策人材養成講座特任講師、最高裁判所司法修習生、医療法人社団太陽会理事長などを経て、2016年に新潟県知事選に当選。18年4月までつとめる。2022年衆院選に当選(新潟5区)。2012年から弁護士法人おおたか総合法律事務所代表弁護士。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

米山隆一の記事

もっと見る