メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

無料

真珠湾攻撃80年、戦争と平和を考える論考をご紹介します

論座編集部

 1941年12月8日、旧日本軍は米ハワイ・真珠湾を攻撃し、太平洋戦争が始まりました。あれから80年。私たちはどんな教訓を学び、平和を構築していけばよいのでしょうか。「論座」に蓄積された約2万本の論考の中から、戦争や平和を考える手がかりとなるものをご紹介します。

 朝日新聞デジタル有料(プレミアムコース・ダブルコース)会員と、論座の全ジャンルパック、もしくは該当するジャンルの会員のみなさまには全文、お読みいただけます。ぜひご入会のうえ、お読みください。

拡大真珠湾(パールハーバー)で日本軍の攻撃を受け、黒煙を上げて沈む戦艦アリゾナ=1941年12月7日(現地時間)

太平洋戦争は「不決断」と「空気」によって始まった~猪瀬直樹が問う「12月8日」とコロナ危機 石川智也 2021年12月08日(12月8日に追加しました)

いま必要な「対立の超克」「連帯」「不戦」 西原春夫 2020年08月22日

[書評]『戦争と平和 ある観察』 大槻慎二 2015年10月08日

非常時、首相に問われる「国家理念」 元自衛隊特殊部隊員の作家と考える 藤田直央 2020年08月25日

半藤一利さん・坂野潤治さんが語った二つのリーダー像と日本政治の窮状 曽我豪 2021年01月29日

首相は真珠湾で過去の政策への反省を語ってほしい 竪場勝司(半藤一利さんインタビュー) 2016年12月23日

「昭和16年夏の敗戦」で日本は国策を誤ったのか、安倍首相の答えは 2015年05月03日

ラケットを携えた老提督 大木毅 2021年01月12日

特ダネの記憶 NHKスペシャル㊤「日本海軍400時間の証言」 右田千代 2021年07月29日

三浦瑠麗対談:私が徴兵制が再び必要だと言う理由 三浦瑠麗 阿川尚之 2019年07月13日

Amazonプライム問題で注目 三浦瑠麗さんの「平和のための徴兵制」に異議あり 米山隆一 2020年08月26日

「仕方がなかった――」万能の言葉が歪める戦争責任 九大生体解剖事件から問い直す 石川智也 2021年08月15日

片渕監督講義『この世界の片隅に』暮らしと戦争1 叶精二 2017年08月03日

井上ひさしと浅利慶太の「戦争」 山口宏子 2019年08月18日

戦争中でも科学者は基礎科学の大切さを訴えていた 黒沢大陸 2021年12月07日

(敬称略)

拡大敗戦を伝える昭和天皇の放送を聴く人たち= 1945年8月15日、大阪市・曾根崎警察署前

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。