メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

災害危機時の日本の医療体制が抱える致命的な問題とは~上昌広氏に聞く

コロナ対策徹底批判【第三部】~上昌広・医療ガバナンス研究所理事長インタビュー⑩

佐藤章 ジャーナリスト 元朝日新聞記者 五月書房新社編集委員会委員長

 ダイヤモンド・プリンセス号ではなぜ、14人もの犠牲者を出し、日本の対応はなぜ世界中から批判を浴びたのだろうか。その原因については、前回(下記の2記事参照)までの上昌広・医療ガバナンス研究所理事長に対するインタビューでほとんど明らかになった。

 一言で言えば、3713人もの乗船客、乗員が乗り合わせているのに、抽象的な公衆衛生の面だけを重視して、生身の人間に対する医療面の対応がほとんどなおざりにされたからだ。結果的に、切実に医療ケアを必要としていた高齢者たちが犠牲になったのである。

 しかも、その公衆衛生面の対策も、「空気感染」というコロナウイルスの主要な感染伝播ルートがわかってきた現在から振り返ってみると、ほとんど的外れなものだった。この問題はダイヤモンド・プリンセス号だけに当てはまるものではない。驚くべきことに、日本全体にいまだに言えることなのだ。

 今回、上昌広氏は、3・11の後の福島・浜通りでの自らの臨床体験も踏まえて、災害危機時の日本の医療体制問題について警告を発する。

拡大インタビューにこたえる上昌広・医療ガバナンス研究所理事長

災害の時に有効なコミュニケートとは

――上さんは2011年の3・11の直後、福島県浜通りの被災地に入って医療活動を続けました。ダイヤモンド・プリンセス号と東日本大震災とは、もちろん被災の形態は違いますが、対応の仕方で共通して言える点はありますか。

 被災現場では、いろいろな人がいろいろな機関から派遣されてきて、往々にして屋上屋を重ねる形になってしまいます。命令系統のラインが複数できて、むしろ無責任体制になり、決定権を持たない人ばかりになってしまう傾向があります。

 経験上言える話だと思うのですが、災害の時というのは、ノウハウを持った人間同士か有能な人間同士がコミュニケートを取る以外なくなってくるんです。

 東日本大震災では、現場に入ってすぐに、高校時代の剣道部の7年上の先輩が携帯に電話してきたんです。「お前やってるらしいな」って。この先輩は航空自衛隊の技官のトップで福島を担当していたんです。

 あの時、南相馬市立総合病院が完全に孤立してしまって、食料も水もなくて自動販売機を壊してしのいでいたんです。私は、その先輩を地元のことを把握している立谷秀清・相馬市長に繋ぎました。立谷市長は、隣町の市民病院のことも把握していて、自衛隊に情報を伝えたのです。その翌日、自衛隊が補給・救援に入りました。

 当時、福島県庁は大混乱でよくわからないし、こういう時は様々なガセネタが入ってくるんですよ。だから、携帯に電話してきたこの先輩のように、本当に信頼できる相手からの情報を信用して動くしかないんですね。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

佐藤章

佐藤章(さとう・あきら) ジャーナリスト 元朝日新聞記者 五月書房新社編集委員会委員長

ジャーナリスト学校主任研究員を最後に朝日新聞社を退職。朝日新聞社では、東京・大阪経済部、AERA編集部、週刊朝日編集部など。退職後、慶應義塾大学非常勤講師(ジャーナリズム専攻)、五月書房新社取締役・編集委員会委員長。最近著に『職業政治家 小沢一郎』(朝日新聞出版)。その他の著書に『ドキュメント金融破綻』(岩波書店)、『関西国際空港』(中公新書)、『ドストエフスキーの黙示録』(朝日新聞社)など多数。共著に『新聞と戦争』(朝日新聞社)、『圧倒的! リベラリズム宣言』(五月書房新社)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

佐藤章の記事

もっと見る