メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

中国の危険性とは?:「ソフトパワー」の精神的基盤は何なのか

塩原俊彦 高知大学准教授

 2021年11月、中国共産党の重要会議、第19期中央委員会第6回全体会議(6中全会)において、同党にとって3度目となる「歴史決議」が採択された。最初は1945年の毛沢東による「若干の歴史問題に関する決議」であり、ついで1981年、鄧小平の主導で「建国以来の党の若干の歴史問題に関する決議」が採択をみた。ここでは、中国の長い歴史からみた、その精神的基盤について考えてみたい。

 おりしも、ロシアの有力紙「ヴェードモスチ電子版」(2021年8月3日付)に、「中国の危険性とは?:21世紀における中国の「ソフトパワー」の精神的基盤は何なのか」という興味深いタイトルの記事が公表された。考えてみると、中国と陸つづきのロシアでは、中国の脅威が現実のものと感じられた時代が長くつづいたから、ロシアにおける対中研究の蓄積は多いに違いない。そこで、ここではロシアの対中研究を紹介しながら、中国の「ソフトパワー」について考えてみたい。

黄禍論

 「中国を眠らせておけ。中国が目覚めたとき、世界は震えるだろう」

 こんな言葉を耳にしたことはないだろうか。あのナポレオンが発した言葉として有名らしいのだが、本当は後世の人がつくり出した警句のようだ(詳しく知りたい人は「「眠れる中国」とナポレオン」という記事を読むことをお勧めする)。

 いずれにしても、何となく中国が大変な国であることはヨーロッパ人に意識されていた。最初に紹介したロシア語の記事では、つぎのように書かれている。

 「「イエロー・ペリル」(黄禍)という言葉がドイツやフランスの新聞に登場するのは、19世紀に入ってからのことである。ロシアでは、1904年から1905年の日本との戦争に敗れた後に使われるようになり、主に日本人のことを指していた。現実の、あるいは認識されている危険性が中国に注目されるようになるまで、1世紀を要した。」

 ただし、ロシアにおいては、1895年に「黄色い顔の実用主義者」という論文がドミトリー・メレジコフスキーによって書かれ、それを契機に中国への関心が高まっていた。

「中国文学の社会的役割」

 論文「黄色い顔の実用主義者」はインターネットで簡単に入手できる。そこで、この論文の内容を紹介し、19世紀末のロシア人が中国や中国人をどのようにみていたのかについて考えてみたい。といっても、その内容に入る前に、この論文自体の柱として引用されている、フランスの中国学の草分け的存在、ドゥアール・シャヴァンヌの1893年12月5日にコレージュ・ド・フランスで行われた講義である「中国文学の社会的役割」について書いておきたい。

 シャヴァンヌは、「我々ヨーロッパ人はある種の形而上(けいじじょう)学的な概念をもっている」が、中国人はそうではないと喝破している。このあたりの問題を理解するためには、拙著『サイバー空間における覇権争奪』のつぎの記述が役に立つだろう(「終章 歴史的位相を問う」の注18, pp. 251-252)。

 「古くからギリシャ人にとって「万物(タ・パンタ)」を意味してきた「自然」の外に、イデアという超自然的原理を設定し、それを参照しながら自然の存在を理解しようとする、プラトンの果たした決定的な思考様式の転回を、アリストテレスも受け継いでいると考えられる。この超自然的原理こそ、「イデア」、「純粋形相」、「神」、「精神」などと呼ばれるようになり、西洋文化形成の原動力となる。ところで、アリストテレスがプラトンのイデア論の批判的継承をやってみせた講義ノートが後世、『形而上学』[metaphysica]と呼ばれるようになったわけだが、ギリシャ語のmeta[…の後の]という前置詞に「…を超えて」という意味もあるため、「超自然学」という意味で受け取られるようになる。つまり、形而上学は現実の自然の外に何らかの超自然的原理を設定し、それに照準を合わせながらこの自然をみてゆこうとする思考様式を意味している。ゆえにプラトンの「イデア」もアリストテレスの「純粋形相」も、キリスト教神学の「人格神」も、形而上学的原理=超自然的原理の座を占めていたことになる。つぎにこの形而上学的原理=超自然的原理の座に人間理性がついたとき、近代世界が構築されることになる」

 つまり、中国の思想の根底にあるのは、超自然的原理の忌避であるというのだ。そのうえで、シャヴァンヌは中国人の信条として親孝行の思想について解説している。この思想は、「息子と彼を生んだ者との間に存在する依存関係」にかかわっているが、「これと同じ関係が、同じ名前で呼ばれる、家族の生きているメンバーと、彼らの死んだ先祖の中で父系、父の血縁で結ばれているすべての人との間に存在し、国民とその父である君主との間に存在する」とまでみなされている点が肝要だ。この結果、もし身体の不調、疫病、飢饉(ききん)、洪水などがあれば、天が自然現象の最高の調整者とみなされているので、こうした現象は「親孝行が十分に行われていないことの確かな兆候」となる。あるいは、君主の「不徳」とみなされ、革命につながる。

 別言すると、「親孝行とは、自然の力が規則正しく働くことを司(つかさど)る調和の法則」ということになり、「人間同士の良好な関係を司るもの」でもあることになる。自分を治めることができるようになれば、家を斉(ととの)えることが可能となり、家が斉えば国も治まるとみなすようにもなる(尾藤正英著『日本文化の歴史』)。それは、喪服の着方、挨拶の仕方といった礼儀作法の尊重といった行動様式を、世代を超えて守ることで維持される。

「黄色い顔の実用主義者」

 メレジコフスキーの「黄色い顔の実用主義者」では、この親孝行の思想が「自然の力の正しい作用と人間の間の正しい関係の両方が依存する法則」として、「歴代の人間が永遠に続く一本の鎖のようにつながっていく不思議な絆の象徴」となり、「中国の世界観の礎」となっていると主張している。

 そこでは、徳を生み出す儀式や、徳のある礼儀作法への崇拝が広がり、中国古典文学への尊敬が硬直化する。それが、科挙において、受験者は古代の古典から選ばれたテキストの解説を作成し、同時に自分の文学的知識を示すというかたちで定着するというのである。

 だが、これは、宋代に確立した四書五経(『大学』『中庸』『論語』『孟子』の四書と、『易経』『書経』『詩経』『礼記』『春秋』の五経)に精通した「実用的」な人が、人を治める能力が高いとみなす考え方を支配的にしただけだった。つまり、「文学、漢詩には、実用以外の目的はない」という状況に陥る。

 この結果、「文字、形、肉、儀式、犠牲、利益、実用的な計算を崇拝し、不確かなもの、自由なもの、創造的なもの、動いているすべてのものを限りなく軽蔑し、自由な精神、永遠に反抗する精神の名のもとに化石化された形態を破壊する」中国人が支配的になった、とメレジコフスキーは主張している。これこそ、「黄色い顔の実用主義者」ということになる。

 実用主義への傾斜は、明代以降に強まる。庶民層にも朱子学が浸透するようになった結果だろう。それは、社会状況の多様化・複雑化に伴って庶民層にも主体的に秩序を担わせる時代の必要性の反映でもあった。庶民にも修養を理解してもらい、実践しやすくするために生まれたのが陽明学だ(「松岡正剛の千夜千冊・王陽明「伝習録」」の説明が参考になる)。たとえば、読書や宇宙万物への観察を通じて、あらゆる物事に貫通しているとみなされる理を洞察し、その理を自己実現しようという「格物窮理」というテーゼは、自己に生まれつき備わっているとされる道徳性(良知)を発揮せよという「致良知」というテーゼに改変された。朱子学のうち日常道徳の実践部分に力点がおかれた結果、冠婚葬祭や日常生活の礼法が一般家庭に浸透するようになる。それが清代の「礼教」につながってゆく。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

塩原俊彦

塩原俊彦(しおばら・としひこ) 高知大学准教授

1956年生まれ。一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了。学術博士(北海道大学)。元朝日新聞モスクワ特派員。著書に、『ロシアの軍需産業』(岩波書店)、『「軍事大国」ロシアの虚実』(同)、『パイプラインの政治経済学』(法政大学出版局)、『ウクライナ・ゲート』(社会評論社)、『ウクライナ2.0』(同)、『官僚の世界史』(同)、『探求・インターネット社会』(丸善)、『ビジネス・エシックス』(講談社)、『民意と政治の断絶はなぜ起きた』(ポプラ社)、『なぜ官僚は腐敗するのか』(潮出版社)、The Anti-Corruption Polices(Maruzen Planet)など多数。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

塩原俊彦の記事

もっと見る