メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

「悪意はない」コロナの専門家たちを生んだ根源的問題~上昌広氏に聞く

コロナ対策徹底批判【第四部】~上昌広・医療ガバナンス研究所理事長インタビュー⑬

佐藤章 ジャーナリスト 元朝日新聞記者 五月書房新社編集委員会委員長

 「コロナ「専門家」が科学的な正しさより重視するものとは」「コロナ禍で限界を露呈した「感染症ムラ」のとんでもない実態」に引き続き、日本のコロナ「専門家」について書く。

 日本の「専門家」と称する人たちや厚生労働省の医系技官たちは、なぜコロナウイルス対策を間違え続けてきたのか。そして、なぜ現在も間違え続けて、その間違いを正そうとしないのか――。

 私のこの質問に、臨床医でありながら世界の最先端の医療知識を渉猟する医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏は、「そこに悪意は見られない」と話す。

 一体どういうことなのか?

拡大上昌広・医療ガバナンス研究所理事長

「感染症ムラ」の利害に反することが言えない人たち

――悪意はないのに、間違いをただそうとしないのはなぜですか?

 私たち医学の研究者は思考のトレーニングを受け続けます。トレーニングで最優先の課題は現状把握です。十分に現状把握できないと対策なんて考えられません。

 コロナウイルス対策にとっての現状把握は、まずPCR検査です。日本以外の世界各国がPCR検査に力を入れたのは、研究者であれば誰でも理解できることです。日本の専門家や医系技官のように「PCR検査はしない方がいい」とか、検査をしないように対応するとかいうことは、研究者のあり方としてはありえません。

 「空気感染」の認識が世界の医学界に定着している現在では、「日本独自」の「クラスター対策」はほとんど無意味だったことがわかっている。クラスター対策を考え付いた専門家会議構成員の押谷仁・東北大学大学院教授は、2020年3月22日に放送されたNHKスペシャルで、「クラスター対策」と「PCR検査」の関係について次のように語っていた。

 「実は、このウイルスでは、80%の人は誰にも感染させていません。つまり、すべての感染者を見つけなきゃいけないというウイルスではないんですね。クラスターさえ見つけられていれば、ある程度、制御はできる。むしろ、すべての人がPCR検査を受けるようなことになると医療機関に多くの人が殺到して、感染している一部の人から感染が広がってしまうという懸念があります。PCR検査を抑えていることが、日本が踏みとどまっている大きな理由なんだと考えられます」

 現在から見ると驚くべき発言だが、このような証明されていない非科学的な「意見」が日本では堂々とまかり通っていた。そして現在でも、この「夢物語」は完全には否定されていない。間違いを認めると、押谷氏をはじめとする「専門家」や医系技官に対して厳しく責任を問う声が巻き起こることが予測されるからだ。

――「専門家」と言われる人は研究者ではないと。

 たとえば、押谷さんは単なる東北大の教授です。ここが重要なところですが、専門家会議の構成員について任命権をもつのは医系技官なんです。医系技官が誰を使うか決める。決める人に嫌がられたら終わりです。だから、「クラスター対策はもう無理だ」と思っても言えない。「感染症ムラ」の利害に反することは言えません。

 退職後の問題もあります。公衆衛生の先生は、退職後に実際の診療はできないので、どこかの組織の名誉職に就きたい。尾身茂(専門家会議副座長、分科会会長)さんが典型的だと思います。医師免許を持っているのでどこかで診療すればいいのに、こういうグランドデザインを組むことに喜びを見出すわけです。専門家会議に出ていた先生方というのは、医師免許を持っていても多くは診療していません。「大局的に見た方がいい」というようなことを言うわけです。

 でも、これはおかしい。たとえばアメリカのアンソニー・ファウチ(米国立アレルギー・感染症研究所所長)さんは、常に聴診器を持って記者会見に臨みます。大局的に見るためにはリアルがわからないとダメなんです。

拡大anyaivanova/shutterstock.com

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

佐藤章

佐藤章(さとう・あきら) ジャーナリスト 元朝日新聞記者 五月書房新社編集委員会委員長

ジャーナリスト学校主任研究員を最後に朝日新聞社を退職。朝日新聞社では、東京・大阪経済部、AERA編集部、週刊朝日編集部など。退職後、慶應義塾大学非常勤講師(ジャーナリズム専攻)、五月書房新社取締役・編集委員会委員長。最近著に『職業政治家 小沢一郎』(朝日新聞出版)。その他の著書に『ドキュメント金融破綻』(岩波書店)、『関西国際空港』(中公新書)、『ドストエフスキーの黙示録』(朝日新聞社)など多数。共著に『新聞と戦争』(朝日新聞社)、『圧倒的! リベラリズム宣言』(五月書房新社)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

佐藤章の記事

もっと見る