メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

新型コロナ「専門家」・医系技官と政治家の隠微な関係~上昌広氏に聞く

コロナ対策徹底批判【第四部】~上昌広・医療ガバナンス研究所理事長インタビュー⑯

佐藤章 ジャーナリスト 元朝日新聞記者 五月書房新社編集委員会委員長

 これまでのコロナウイルス対策のほとんどすべてを間違え続けてきた日本の「専門家」たちと厚生労働省・医系技官。彼らが群棲する「感染症ムラ」と日本の政治家とは具体的にどのように繋がっているのか。

 臨床医でありながらコロナウイルスに関する世界最新の知識を渉猟し、この国の医学界と政治との関係にも詳しい医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏に引き続き話を聞いた。

拡大上昌広・医療ガバナンス研究所理事長

科研費をほぼ独占する「感染症ムラ」の人たち

――厚労省・医系技官のトップ、医務技監は現在、福島靖正さんですが、一代前、つまり初代の医務技監は鈴木康裕さんです。鈴木さんについては前にも話題になりましたが、医務技監から国際医療福祉大学の副学長に、ほとんどそのまま「天下り」しました。

 国際医療福祉大学は2017年に医学部が新設されたばかりですが、感染症法を所管する厚労省結核感染症課の「新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業」から2人の教授が研究費をもらっています。2019年度にそれぞれ2億1738万円と155万円、翌20年度には2億2434万円と475万円です。

 この事業の科研費をもらった人の内訳を見ると、2020年度は41人のうち27人を国立感染症研究所や国立国際医療研究センターなど厚労省関係の研究者やOBが占めており、感染研が15人でトップです。「感染症ムラ」の人たちがほぼ独占して科研費をもらっている構図です。その中で、新設されたばかりの大学医学部から2人が2年度にわたってこの科研費を受けている。これは珍しいことではないですか。

 珍しいですね。しかも、そのうち一人の前職は国立国際医療研究センターの国際感染症対策室医長ですから「感染症ムラ」の一員と言えます。

――そうなんですか。この国際医療福祉大学は、厚労省からもらっているコロナ関連の補助金もすごいんですよね。

 すごいですね。

――繰り返しになりますが、2017年4月に医学部、2020年3月に附属病院が開設されたばかりなのに、20年度に64億円もの補助金が出ています。前年度からの増加額は46億円で、これによって経常利益は前年度比431.1%のプラス。コロナで強烈に潤いましたね。

 コロナによる「焼け太り」ですね。

拡大新型コロナの感染拡大を受けて前倒し開院した国際医療福祉大成田病院=2020年3月12日、千葉県成田市畑ケ田

鈴木康裕医務技監は「持参金付きの天下り」

――国際医療福祉大学は代々医系技官の天下りを受け入れてきているんですよね。それが厚労省の高評価に繋がっているんでしょうか。

 あると思います。厚労省や大学はもちろん「そういうことはない」と言いますけどね。

――さらに言えば、医務技監だった鈴木康裕さんがそこにほとんどズバリと天下った。簡単に言えば「持参金付きの天下り」ですよね。

 そう言えます。

――補助金がすごい。新設医学部なのに科研費も出ている。そしてそこに「持参金付き」で天下った前医務技監が、大学理事長と緊急事態宣言中に九州・湯布院にゴルフ三昧の小旅行に出かけている。最悪の話じゃないですか。

 もう科学の話じゃないんですよ。内輪の話になっているんです。しかも、国際医療福祉大学の先生、しょっちゅうテレビに出てきているでしょう。これは医系技官が推薦していて、マスコミも使いやすいのでしょうね。

――率直に言って、素人でもしゃべれるような内容ばかりだなと思いますが、専門家の目から見て、この人たちは医療や公衆衛生に関する実力はあるんでしょうか。

 ないでしょう。専門的知識がないので、素人と同じレベルのことしか言えない。今回のパンデミックのような時は、感染症の知識だけでなくトータルな意味での科学の知識が必要なんですが、それがない。だから、医系技官の下請けみたいなことになっています。

>>この記事の関連記事

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

佐藤章

佐藤章(さとう・あきら) ジャーナリスト 元朝日新聞記者 五月書房新社編集委員会委員長

ジャーナリスト学校主任研究員を最後に朝日新聞社を退職。朝日新聞社では、東京・大阪経済部、AERA編集部、週刊朝日編集部など。退職後、慶應義塾大学非常勤講師(ジャーナリズム専攻)、五月書房新社取締役・編集委員会委員長。最近著に『職業政治家 小沢一郎』(朝日新聞出版)。その他の著書に『ドキュメント金融破綻』(岩波書店)、『関西国際空港』(中公新書)、『ドストエフスキーの黙示録』(朝日新聞社)など多数。共著に『新聞と戦争』(朝日新聞社)、『圧倒的! リベラリズム宣言』(五月書房新社)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

佐藤章の記事

もっと見る