メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

今日のウクライナが明日のアジアになりかねぬ危険な世界~ロシアの侵攻が意味するもの

かつてない不安定な国際社会。アジアの秩序が張り子の虎と見透かされてはならぬ

花田吉隆 元防衛大学校教授

拡大キエフのテレビ塔付近が攻撃を受けた様子とされる映像=ウクライナのゲラシチェンコ内相顧問のSNSから
 世界は、突如として力むき出しの古い時代に逆戻りした。冷戦が終結し、もうそういう世界とは無縁と思っていた。ユーフォリアに満ちたポスト冷戦の時代がガラガラと音を立てて崩れ落ちていく。いつ、第二、第三のロシアが出現し国際秩序に挑戦状をたたきつけるか分からない。世界は、これまでになく不安定な状態にあり、改めて秩序維持の究極の支柱が力であることを見せつけられた。

誰もが目を疑う侵攻の実態、全土掌握狙うプーチン大統領

拡大ウクライナ東部の「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」の独立を承認する書類に署名するロシアのプーチン大統領。ロシア大統領府が写真を公表した=2022年2月21日、モスクワ
 2月21日、ロシアがルガンスク州とドネツク州の東部二州独立を承認する旨表明した時、ロシアがこの二州に「平和維持軍」を派遣し、事実上、併合のプロセスを進めていくものと思われた。しかし、プーチン大統領の真意はそうでなくウクライナ全土の掌握だった。

 24日、侵攻が始まり、誰もが目を疑うような光景が繰り広げられた。大国が小国の領土に三方面から侵攻、首都キエフに激しい爆撃が加えられ、第二の都市ハリコフでも市街戦が繰り広げられる。プーチン大統領の狙いは、ウクライナにおける傀儡政権の樹立と、それによるウクライナの非軍事化、中立化だった。

拡大ウクライナ北東部ハリコフで3月2日、攻撃を受けて炎を上げる警察の庁舎=ウクライナ非常事態当局のフェイスブックから
拡大ハリコフでロシア軍の攻撃が続く間、地下の避難所に逃れる子どもたち=2022年3月2日(Kseniia De Netto/Shutterstock.com)

 27日、ロシアとウクライナは直接交渉を合意。その行方は3月3日段階でなお予断を許さないが、武力を背景にした交渉は仮に妥結することがあるとしてもその中身は知れている。結局、非軍事化と中立化をウクライナが飲むかどうかの交渉だ。

拡大ウクライナからの即時撤退を求める決議案を採択した国連総会。賛成141カ国、反対5カ国の採択結果が映し出された=2022年3月2日

冷戦後の戦後処理を見誤ってきた西側

 ウクライナ危機は、冷戦後の戦後処理を西側が見誤ったことが大きい。戦争終結に際し、戦後処理をどうするか、それが、その後の国際秩序の安定を決定づける。

 戦後処理を誤った典型が第一次世界大戦後のドイツであり、戦勝国が、ドイツ憎しで莫大な賠償を課したことがその後の欧州の不安定化を生み、第二次世界大戦につながっていった。逆に、戦後処理に成功した例が普墺戦争(1866年)であり、ビスマルクは戦後の対オーストリア関係を見据え、敢えてオーストリアへの領土要求を見送った。

「平和のためのパートナーシップ」を構想しロシアも参加

拡大冷戦終結の声明を出したマルタでの米ソ首脳会談に臨んだブッシュ米大統領(左)とゴルバチョフ・ソ連共産党書記長=1989年12月2日
 冷戦が終結した時、戦後の欧州の安全保障体制をどうするか議論された。ソ連の脅威にさらされ続けた東欧諸国は、NATOへの加盟を強く希望した。西側にも、この際一気にNATOの版図を広げるべしとの議論があった。しかし、同時に、慎重論も有力で、NATO拡大は徒にロシアを刺激するだけと拡大論を戒めた。

 間をとって考え出されたのが「平和のためのパートナーシップ(PfP)」であり、これは簡単に言えば、NATOが加盟国とは別にパートナー国を創りそれとの間を緩い協力関係に止めるというものだった。PfPには、ジョージア、ウクライナ、ロシアを含め、多くの国が参加した。その中から後、NATOの正式メンバーになった国も多い。

米国がNATOに軸足移し、加盟続々

拡大冷戦終結後の欧州の新しい秩序作りを目指し、アルバニアを除く全欧州の国とアメリカ、カナダの計34カ国が集まり1990年11月、全欧安保協力会議(CSCE)首脳会議がパリで開かれた。会場の通りには参加国の国旗がずらりと並んだ
拡大1997年7月、マドリードでのNATO首脳会議にあわせて会談する、左からホルン・ハンガリー首相、ハベル・チェコ大統領、クワシニエフスキ・ポーランド大統領。3カ国のNATO加盟は99年に実現した

 PfPは、NATOと旧ワルシャワ条約機構国との関係を考えるに際し、時間的猶予を与えるもので、アイデアとして絶妙と思われたが、当時のクリントン米大統領は、自らの再選を目指す政治的思惑もあり、軸足をPfPからNATO拡大に移していく。

 それを受け、チェコ、ハンガリー、ポーランド、バルト三国、ルーマニア等が、次々とNATOに加盟していった。残るジョージア、ウクライナに関し、NATOは2008年、ブカレスト首脳会議で「将来的に加盟する」ことを合意する。

ロシアは枠組み外に置かれ、勢力圏確保に走ってきた

 しかし、これはロシアを刺激しないではいられなかった。様々な要因も絡み2008年の南オセチア紛争(ロシア・ジョージア戦争)、2014年のクリミア併合、今回のウクライナ侵攻と、その後、この一帯が不安定化していくこととなった。

 西側は、ロシアを安全保障の枠組み(NATO)の中に取り込むことなく、常に外に置き続けた。その結果、欧州大陸に新たな分断線が引かれることとなり、安全保障に過敏ともいえるほどの反応を示すロシアは、結局、自らの勢力圏確保に走っていくことになる。

拡大クリミア半島シンフェロポリ近郊のウクライナ軍精鋭部隊が駐屯する基地周辺を歩くロシア兵。基地にはロシア国旗が掲げられ、ウクライナ兵は降伏してロシア軍に編入される模様。ロシア兵の一人は「クリミアの全基地がロシアのものとなった」と話した=2014年3月21日、ウクライナ・クリミア自治共和国

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等を経て、早稲田大学非常勤講師。著書に「東ティモールの成功と国造りの課題」等。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

花田吉隆の記事

もっと見る