メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ウクライナ侵攻に潜むロシアの野望と欧米の事情~揺るがぬプーチンの鉄の意志

欧米はこのままロシアの暴虐を座視するのか。舞台裏の密かな和平交渉はあるのか……

山口 昌子 在仏ジャーナリスト

 ウクライナへの軍事侵攻はロシアの勝利で終わるのか。プーチン大統領はマクロン仏大統領との会談で、「(ウクライナの)非武装化達成の作戦完遂」を宣言。米欧は第4次世界大戦のリスクを恐れて、NATO(北大西洋条約機構)軍をウクライナに派兵するつもりは、今のところ、ない。冷戦終了で唯一の超大国になったはずのアメリカは、弱体化が進んでいる。

拡大キエフの北東約130キロにある都市チェルニーヒウで2月3日、空爆を受けて煙を上げる高層住宅とみられる建物=チェルニーヒウ州当局のSNSから

ウクライナ完全制覇は「達成されよう」

 仲介役を任じるマクロンは3月6日にもプーチンと会談を行い、1時間45分の長時間、話し合った。この会談でプーチンは、「交渉によるにせよ、戦争によるにせよ、目標は達成されよう」とウクライナの完全制覇を目指していることを繰り返し、“鉄の意思”が揺るがないことを示した。

 マクロンから今回、プーチンに電話会談を申し込んだのは、ウクライナのゼレンスキー大統領が、「ロシア軍のオデッサ(ウクライナの主要港湾都市)への爆撃」の中止をプーチンに要請するように訴えてきたからだ。

 マクロンはプーチンに「オデッサ爆撃の中止」とともに、「国際的人権の十全な尊重」及び「市民の保護」を要請。特に市民の安全な脱出を保障するための「人道回廊」の設置を要請した。

 これに対しプーチンは、ロシア軍が「市民を標的にしたことなし」と否定。包囲されているウクライナから脱出するのも留まるのも、「ウクライナ人の責任」と主張した。

 一方、ウクライナは「人道回廊」の設置には、「拒否」を表明した。「人道的回廊」のすべての出口がロシアに繋がっているからだ。要するに、ウクライナ人をロシア内に誘導し、「人質」か「捕虜」にするという計画が見え透いているというわけだ。マクロンも民放テレビのニュース専門局の質問に、ロシア側の対応を「まじめでない」と一蹴した。

拡大Photographer RM/shutterstock.com

※ロシアのウクライナへの軍事侵攻に関する「論座」の記事は特集「ウクライナ侵攻」からお読みいただけます。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

山口 昌子

山口 昌子(やまぐち しょうこ) 在仏ジャーナリスト

元新聞社パリ支局長。1994年度のボーン上田記念国際記者賞受賞。著書に『大統領府から読むフランス300年史』『パリの福澤諭吉』『ココ・シャネルの真実』『ドゴールのいるフランス』『フランス人の不思議な頭の中』『原発大国フランスからの警告』『フランス流テロとの戦い方』など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

山口 昌子の記事

もっと見る